講師紹介



Kip学伸(株)代表 松本衣代

代表 松本衣代

地元で開塾してから卒塾生は数知れず、その間におこなった教育相談は3000件を優に越す。現在でも世界中に住んでいる卒塾生から連絡があるという。
こどもの目線で考え、こよなくこどもを愛する生来のこども好き。生徒からの相談は卒塾後も続く。
代表は「元気なときはいい。苦しいとき、辛いときは連絡をしてきてほしい」と卒塾生への想いを語る。

パリ・ロンドン・香港・マカオ・ソウル・LA・NY・ワシントン・ボストン・ラスベガス・ナイアガラ・マイアミ・ドミニカ共和国等々・・・独身時代、世界の国々を訪問。
米大学院でMBAを取得。

世田谷のこの地に、ひとりで塾を設立。
思考錯誤しながら数十年。
2014年、大沢歩氏を塾長に、現場を離れ代表としてサポートにまわる。

●社団法人スクールコーチング協会 東京・世田谷事務局事務局長 中高教員免許資格有
●「一般社団法人国語力教育研究会』 理事長として、塾の先生を対象に研修会を実施している。
●「Kip学伸出版部」をたちあげ、現場経験者でなければ作れないユニークな国語テキスト「ろんりde国語」シリーズを7冊出版。  大変好評です。

現在、小学生のための作文
高校英語でドロップアウトしている生徒をサポートする英語教材を作成中です。

代表からのメッセージ

長年この仕事に携わってきた者のひとりとして、今ほど子育ての難しい時代はないと痛感しています。すべてが目まぐるしく変遷する現代社会。その中での価値観の多様化。何が正しくて、どうすることがわが子にとって一番良い教育なのか。悩めば悩むほど深みにはまってしまいそうです。
わが子であっても長男と次男の性格が違うように、それぞれの気質にあった学習方法が必要です。その選択を間違えないでほしいのです。
混迷する現代社会において、学歴は以前ほどの認知度をもたないのかもしれません。しかし、目標を見失いつつある現代の日本のこどもたちこそ、今まで以上にしっかりと学力をつける必要があると考えています。
Kipでは学習を通して生きる力を、「人間力」を身につけていきたいと考えています
彼らが今、最も必要とするものが生きる力、「人間力」だからです。その力を身につけるために、最も有効なる手段が「勉強」という行為であると私たちは考えています。
私たちは「勉強」を通して、「強い心」を培い、「自立した社会人」を育成していきたいと願っております。
Kip学伸はこのような教育理念に賛同していただける方のお子様を歓迎いたします。
受験によって人格や能力に自信を失うのではなく、この受験を目標にして、学力、精神力を高めていく。その子のもっている能力を信じ、最大限に発揮できるようサポートをしていきたいと考えています。

塾長 大澤 歩

塾長 大澤 歩

スクールコーチング協会上級コーチ
一般社団法人国語力教育研究会理事

中学を卒業後、単身オーストラリアのインターナショナルスクールに留学。その後、父親の転勤でNYへ。現地高校で学ぶ。早稲田大学卒。学生時代は、日本の文芸批評と西洋近代哲学に関心をもつ。十代の頃は完全にインドア派で、ギター少年だったのが、30歳を超えてから、しだいに運動が好きになり、現在は総合格闘技を習っている。

速読かつ濫読で常に十冊以上の本を併読。 小学生から就活生まで指導。保護者面談は年間でおよそ100おこなっている。また、現在ではKip学伸のYouTubeに出演中。目標登録者数は1万人。

塾長からのメッセージ

戦後、日本の成長とともに作られてきたシステム・制度があらゆる分野で大きく変わろうとしています。教育も大きな変革期を迎えています。これまでの教育は、正解がある問題に対して、いかに正答率を上げていくかという知識重視のものでしたが、今後は問題そのものが何なのかを自ら考え、そしてその解決法までを考えるという問題解決型へと変わっていっています。おそらく、こうした傾向は今後ますます進んでいくでしょう。
先の見えないこの時代、何か困難が起きたときに、それを乗り越えていくだけの知恵と心の強さがなければなりません。そして本来、教育とはそういう力を養成するものであると考えております。受験は本来学力を向上させるだけでなく、精神力も強くするものです。勉強を継続することは決して楽なことではありませんが、苦しみだけがあるわけでもありません。知る喜びもそこにはあります。塾では単に知識を伝えるだけではなく、学習を通して、「学ぶ力」「忍耐力」「継続力」「計画性」「目標設定」など人生に必要なものを多く学んでいただける場であることを常に心がけています。本気になったみなさんが来塾されるのをいつでも待っています!

■大学生・大学院生講師のプロフィール

かみや先生

Kipの卒塾生で都立中高一貫校の三鷹中高から、上智大学文学部新聞学科へ入学。文系科目全般が得意で、中でも現代文と小論文が得意。ダンスとディズニーが大好きで、現在もダンスサークル所属。授業では小学生の目線になって会話できる先生です。現在進行中の作文テキストの執筆にも加わってくれています。

いけだ先生

東京海洋大学に通う生物が大好きで、スポーツ全般が得意な先生です。小学生から高校生までフレンドリーに話せる口調が穏やかで、優しい先生です。国立大学生ですから、全科目に精通しています。

ゆう先生

東京理科大に通う数学と物理が得意な先生です。とても温厚で真面目な人柄。静かな語り口調で、分かるまで粘り強く教えてくれます。Kipの英語指導方針に共鳴したことがきっかけで、現在制作中の英語テキストの執筆に参加してくれています。

けい先生

ゆう先生の双子の弟。現在芝浦工大工学部に通う理系の先生です。ゆう先生とは違い、専門は化学。中学受験生の算数や理科を中心に理数系を担当してもらっています。現在はヴァイオリンを習っており、いずれは兄弟で協奏することを目指しています。

よこた先生

上智大学法学部生です。文系科目はすべて得意。なかでも現代文が得意!要領よく学習するのが得意なので、高校生はぜひ学習法を吸収してください。

おおぬき先生

上智大学法学部に通う先生です。私立文系大学に通っていますが、数学が得意で高校生の数学も指導しています。穏やかな見た目ですが、生徒のみなさんのことをしっかりと、時にするどく見ていますよ。

ふじさき先生

学習院女子大文学部生です。英語と現代文が得意で、文系科目を指導しています。いつも笑顔で生徒のみんなを迎えてくれる優しい先生です。

えんどう先生

明治大学文学部に通うKip卒塾生です。受験時は根性と気合がすごく、成績の伸び率も「過去一」と塾長にも言われました。受験生は、えんどう先生から受験生の心構えをぜひ聞いてください。「強い心」こそが受験生にはいちばんの武器となります。

すわ先生

一橋大学経済学部に通うkip卒塾生です。一橋対策をおこなってきたおかげで数T・A、数U・Bは大の得意。また、国語は小学生のときからの得意科目でもあり、理系・文系問わずすべての科目に精通しています。中学受験がもっともしんどかったとのことですので、どうやってしんどい受験を乗り越えたのかをぜひ聞いてみてください。

■YouTubeの編集担当

常見和希

Kipの卒塾生で現在、東洋大学情報連携学部に通っている大学生。通塾期間は9年におよび、在籍期間がもっとも長かった生徒の一人です。数学が得意で、音楽が大好き。現在、YouTubeの編集をすべておこなってくれています。

お問い合わせ
 

世田谷区「千歳船橋」の個別指導塾・進学塾・学習塾 Kip学伸
〒156-0054 東京都世田谷区桜丘5-49-3  小田急線「千歳船橋駅」より徒歩3分
経堂祖師ヶ谷大蔵などのエリアから通塾している生徒さんも、沢山いらっしゃいます。
TEL / FAX:03-3426-7573

YouTubeInstagramTwitter