無料教育セミナー



Kip学伸では、定期的に塾の先生方や、受験を控えたお子様をお持ちの保護者様向けの無料教育セミナーを開催しております。
受験の最新情報、お子様との接し方など、毎回様々なテーマで好評のセミナーです。

■過去のテーマ

塾講師向けセミナー「ろんりde国語」販売セミナー

2018年9月 講義内容

  1. チャンス到来 時代は国語!
  2. Kip学伸とは
  3. 「ろんりde国語」とは
  4. テキストの流れ
  5. テキストの特徴
  6. テキストの効果
  7. 制作にあたって念頭にあったこと
  8. 「ろんりde国語」の続き
  9. 授業での使い方

つむぎ出版社主催のもと、Kip開発のオリジナルテキスト「ろんりde 国語」販売のセミナーが開催されました。100名収容の会場は満席で、大変活気あふれるセミナーでした。
全国各地から出席をしていただき塾長先生方の熱意を感じ大変感動しております。
セミナー前からテキストに関するお問い合わせが多く、早く手に入れたいという熱心な先生方の想いに応えられうように、更に新テキスト作成に努力をしていきたいと決意をしております。

「AI時代−社会で生き延びるためにわが子に親として心がけること!」〜小学生から考える大学受験〜

2018年6月 講義内容

  1. AIが活躍する時代に突入/大学淘汰の時代がやってくる
  2. どういう人材が必要とされるようになるのか
  3. 新試験の内容とその意味/AOの増加
  4. 短期的にはMARCH、日東駒専は難化する
  5. 昨年度のKip学伸の進学実績
  6. 通塾年数の長い生徒の共通点
  7. 志望校に合格できなかった生徒の問題点
  8. 浪人しても成績は伸びない
  9. 部活動と学業は両立し得るか

「わが子が大学受験で成功するために今できることは?」〜現在の大学受験制度〜

2017年 講義内容

  1. 子どもの数と大学の数の推移・・・90年と比べて子どもと大学の数はどうなったのか
  2. 日本と世界・・・90年と比べて日本がどうなったのか
  3. 入試制度・・・一般・指定校推薦・公募推薦・自己推薦・AO・センター利用とは
  4. 入試の期間・・・秋から始まる大学受験
  5. Kip生の実例@上智大学・・・偏差値39からの上智合格はどうして可能だったのか
  6. Kip生の実例A九州大学・・・部活と勉強の両立をどのように成し遂げたのか

中学受験、高校受験を控えたお子様も、最終的な目標は、より良い大学に合格することです。
大学入試変革期において実際に受験制度がどうなっているのを知り、中学や高校の選択、また中高での学習の仕方の参考にしていただくことを目的とした内容で、ご好評をいただきました。

「わが子の受験の意味」〜こどもへの接し方〜 〜父母の書き方講座〜

2016年 講義内容

  1. 入社試験で聞かれること
    「君は将来なにをしたいのですか」「何のために生れてきたとおもいますか」
    企業的背景とは・・・
  2. 大学の推薦入試で聞かれること
    「やっと決まったアルバイトですが、その時間に特別講義が入ってしまいました。あなたはどうしますか」
    大学の望む学生とは・・・
  3. これらの解答は学校では習いません。
    『自分で考える力』 「生きる力」・・・しかし、誰が教えるのでしょうか。
  4. 中学受験・・・大学まで考えているでしょうか。
    『とりあえず』受験は絶対にダメ。必ず後悔する「こんなはずでは・・・」
    中学上位校受験者は、自分の将来像を描いている
  5. 中学・高校生・・・『リセット』のヒマはない

人生のほとんどは受験の日々と言っても過言ではないでしょう。
わが子にとって中学受験だけでなく、高校、大学、就職そして昇格試験等々数えあげたら尽きることはありません。
保護者として、それぞれの受験をどう捉え克服していくのかは、大変な悩みでもあります。
また、親として、日々成長していくわが子にどのように接していいのか分からなくなることもしばしばです。
わかっているつもりでも・・・わが子の将来を潰してしまっているのでは?
この間に頑張っている人との時間の差は歴然
人生のほとんどは受験の日々と言っても過言ではないでしょう。
わが子にとって中学受験だけでなく、高校、大学、就職そして昇格試験等々数えあげたら尽きることはありません。
保護者として、それぞれの受験をどう捉え克服していくのかは、大変な悩みでもあります。

Kip学伸教育セミナー アンケート(PDF)
参加者様の声(PDF)

この回では、特別講師の藤田先生による「父母の書き方講座」も同時開催いたしました。
文章を書くことは子どもたちだけの問題ではありません。通信簿の親のコメント欄や学校への提出物、さらには入学願書の保護者記入欄にも、わが子への先入観が入ってしまいます。親としてきちんとした文章を書くことも、大切なことです。
藤田先生の「書き方講座」の開催は、保護者の皆様にとてもお喜びいただきました。

このように、Kip学伸では、これからも保護者様向けのセミナーを企画して参ります。
是非、一度ご参加いただければと思います。
お子様の受験に向けて、ご一緒に頑張りましょう!


お問い合わせ・無料受験相談

 

世田谷区の個別指導塾・進学塾・学習塾 Kip学伸
〒156-0054 東京都世田谷区桜丘5-49-3  小田急線「千歳船橋駅」より徒歩3分
経堂祖師ヶ谷大蔵などのエリアから通塾している生徒さんも、沢山いらっしゃいます。
TEL:0120-83-7775 又は 03- 3426-7573(兼FAX)