大学・中学合格体験記



■東京大学教育学部付属中学「ただ愚直に努力をした」

小 6 受験生の A ちゃんが東大付属中の推薦入試に合格しました。
彼女は公立中高一貫校を目標にこの 1 年半勉強に励んできました。
推薦入試は倍率が半端でなく、今年は女子 301 名の志望に対して合格者が 15 人でした。
算数の適正検査、作文、グループ面接、グループでのディスカッション等々、試験内容もユニークです。
私立中学やこの 2〜3年でできた公立中高一貫校とは、教育理念や入試制度が19
異なった中学校でもあります。

公立中高一貫校は今大変な人気です。
Kip では国語に力を入れていることから、お問い合わせも多く彼女もその一人でした。
作文の学習が進み、「要約」の練習課題では、同じ問題を 3 ヶ月やりました。やらせたといった方が的確かもしれません。やり直しの原稿用紙がどんどん増えていきます。

誤字脱字・主語と述語のねじれ・・・・彼女は何度もなんども注意をされました。
「何度同じミスを繰り返すの??」
厳しく叱ったことも数えきれません。

彼女のよいところは、「めげない」「捻くれない」「言い訳をいわない」
いつも「はい!わかりました」
と拍子抜けするくらい素直な少女です。

A ちゃんは明朗活発な優しいふつうの女の子です。
そんな子が、一生懸命勉強に取り組んで、苦手な算数だってどれだけやったかわかりません。
作文も上手に書けるようになりました。
今では「私作文得意♪」と公言するようになって、先生はとても嬉しいです。

<< 「大学・中学合格体験記」一覧へ戻る

お問い合わせ・無料受験相談