大学・中学合格体験記



■早稲田実業中学 「言われたことは全部やったよ」

チャレンジ校であった早稲田実業中学に合格!
A 君が Kip に入塾したのは、5年生の4月でした。
転塾組のひとりでしたが、その理由は「塾での拘束時間が長すぎるということと、好きな算数の授業で、もっと先に進みたいのに授業の進度が遅くつまらない」と言うことでした。
当初の第一志望は、明大明治でした。好奇心が旺盛で、どんなことにも積極的に取り組む素直な生徒でした。Kip での授業や特訓、イベント等も楽しんでいました。Kip では、講習や特訓以外での長時間学習は実施していません。
短時間で集中して学習をさせることと、学習のモチベーションを上げることに力を注いできました。そのようにして、着実にひとりひとり学力を上げています。
1年くらいたった時の保護者面談で、早稲田中学にもチャレンジしたらどうですかとお話しました。彼の希望は大学附属の共学校でしたので、早稲田実業に決定しました。
早稲田中学の問題と比べ、早稲田実業の理科・算数は特殊でしたので過去問対策が大変でした。過去問は5周トライしました。
オーソドックスな問題は、ほぼクリアーできる子でしたが、早実の問題は知識だけでは解けない難問が多く、理科の担当や算数の担当講師も徹底的に彼をサポートしました。
彼の首都圏模試の平均偏差値は63でした。早稲田実業は首都圏模試では69です。(模試によって偏差値は変わります)

夏期講習以降の志望校対策(過去問対策)が功を奏したのだと思います。先生たちには、随分叱られることもありましたが、Kip での勉強を本当にエンジョイしていましたね。
最後までよく頑張ったね!

<< 「大学・中学合格体験記」一覧へ戻る

お問い合わせ・無料受験相談