Kip学伸のブログ



脳科学受験6  記憶術

カテゴリー:脳科学受験2017.11.06

受験勉強をしていると
なかなか覚えられない、何度も何度も頭に詰め込んでも、
すぐに忘れてしまうという経験をされたことが、少なからずあると思います。
そのたびに、自分はダメ人間ではないのか?
受験勉強には、本質的に向かない人間なのではないか?
と自問自答し、限りなく自らをおとしめている人がいます。
せめてコンピュータの何分の一かの記憶能力があれば、
どんなにか効率的な受験勉強ができるのではないかと、
うそぶく人もいます。

心が挫けそうな受験勉強であっても、無いものねだりをして解決できるわけはありません。

まして、人間の脳とコンピュータの能力を比べると
比べられないくらい遥かに、人間の脳の方が、優れているのです。
自らの知力をけして卑下してはなりません。

要は、人間の脳の記憶方法にあった覚え方をすればよいのです。

by atom

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

同じ勉強をするなら
効率よくしたいものです。

努力をすることは当然ですが、無駄な努力をしないように
したいものですね。

部活との両立で時間がない人にとっては尚更です。
人間の脳の記憶方法にあった覚え方・・・
それをもっと具体的に知りたいですね。

 
AO入試のKip学伸   世田谷教室

脳科学受験5  意味記憶とエピソード記憶

カテゴリー:脳科学受験2017.11.05

記憶には、「短期記憶」と「長期記憶」があります。

「短期記憶」は、すぐに忘れてしまいます。

例えば、電話をかけるときに、電話帳の電話番号を覚えて
電話をかけますが、かけ終わるとすぐ忘れてしまいます。

一方、「長期記憶」は、かなり長い間忘れることはありません。
ときには一生忘れないで脳に保存される記憶もあります。
誰でも、思い出があります。
子供のころの楽しかった思い出
悲しかった思い出を思い出すことができます。

脳科学では、このような記憶を「エピソード記憶」といいます。

それに対して
経験とはあまり関係のない{知識}を「意味記憶」といいます。

「意味記憶」は、意識的に思い出すということはあまりありません。

「意味記憶」を引き出すためには、
ほとんどのケースで「きっかけ」が必要です。

たとえば「ワシントンは誰?」と聞かれて初めて
「アメリカの初代大統領だ」とおもいだすことができるのです。

天気のよい休日に公園を散歩していたら
、突然「ワシントンは、アメリカの初代大統領である」と
思い出したなどということはほとんどありません。

また、「アメリカの初代大統領だ」と思い出した時に、
○○先生が、授業中にここは「試験にだすから、絶対におぼえなさい」と言ったことや

小さい頃におじいちゃんから、教えてもらったというような、
個人の経験が絡んでいる場合があります。
(このような記憶は、エピソード記憶といえるでしょう)
テスト勉強で頭に詰め込んだ知識はふつう意味記憶ですから、
これを思い出すためにはきっかけが必要です。

一般に、思い出したくても出てこないとか、
度忘れしたというのは意味記憶に対して頻繁におこります。
テスト中にどうしても答えが思い出せなかったというのは、
その記憶が意味記憶だったからなのです。

結論として、テストの点数を上げるためには、どうすればよいかもうわかったと思います。
簡単なことなのです。

意味記憶ではなくエピソード記憶として脳に蓄えてやればよいのです。

by atom

 
大学受験のKip学伸(キップがくしん) 世田谷教室

脳科学受験4  脳医学と記憶

カテゴリー:脳科学受験2017.11.04

最近の脳科学の進歩は著しく、
記憶のメカニズムは
かなりの部分は解明されています。

脳の奥にある海馬という部位が、
情報を記憶するメカニズムに
大きく関わっていることが分かっています。

人間は、五感で得た情報をまず側頭葉に集めます。

そこから海馬の中をぐるりと回って、再び側頭葉に蓄積します。

これが、記憶のメカニズムです。

もっと詳しく言うと、「側頭葉」→「歯状回」(海馬の入口)→「CA3野」→「CA1野」→「側頭葉」
の順番で信号が流れるのです。
そして、なによりも重要なのは、
海馬の中ではこのような経路で情報が伝達されるたびに、
その入力情報がさまざまな形で処理されたり、統合されたり、
あるいはまた削除されたりすることです。
海馬に入ってきた情報は、
適切な形に整理されてから
ふたたび側頭葉に帰っていくのです。
by atom
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

母が認知症の検査をした時に、医師から海馬の説明を受け、レントゲン写真を
見せてもらったことがあります。

少しずつ縮小していくそうです。

海馬に入ってきた情報を整理できなくなるので
混乱するのでしょうね。

直近のことをすぐ忘れてしまいます。
日常生活には大変な支障をきたしますので、日々悪戦苦闘しています。
認知症で唯一、良かったことといったら
先のことを心配しなくなったことでしょうか。

海馬が記憶のメカニズムに大きく関わっているわけですね。

受験生はこのメカニズムを知って、効率良く勉強しましょう!!

 
大学受験のKip学伸   世田谷教室

脳科学受験3  脳医学と記憶

カテゴリー:脳科学受験2017.11.03

人間の脳は、約1,000億個という膨大な
「神経細胞(ニューロン)」によってできています。

さらに圧巻な事実は、
ひとつひとつの神経細胞が
互いに緊密に連絡を取りあっているということです。

コンピュータの複雑な電気回路と同じように、
脳もまた神経細胞が作りあげている精密な神経回路によって
機能しています。
回路に含まれる神経細胞どうしの接点を
シナプスとよびますが、
このシナプスの総数は
人の脳では1000兆個にも及ぶといわれています。
平均すれば、ひとつの神経細胞が一万個の神経細胞と
神経回路を作っている計算になります。

しかも、個々の神経細胞は、
一分間に数百から数万回も連絡をりとりしているというから驚きです。

脳はまさに小宇宙とよぶにふさわし稠密空間なのです。

by atom
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
う~ん!!!

知れば知るほど不可思議で神秘ですね。
そんな素晴らしい脳をもっているのですから
・・・なんでもできるってことでしょうかね。

 

 

脳科学受験2  脳医学と記憶

カテゴリー:脳科学受験2017.11.02

人間の脳は、
誰の脳でもほぼ同じ数の神経細胞が同じような秩序で並んでいるのです。

脳は大脳・小脳・延髄などさらに細かい部位に分けられますが、
これらは誰の脳にでもまったく同じように存在しています。
さらに、これらの部位を顕微鏡などでもっと詳細に観察してみても、
細胞の並び方や形には、まったくといってよいほど個人差がありません。
また、脳には多くのしわが存在します。

よく「おまえは脳のしわが少ないから頭が悪いのだ」と言われたことがあると思いますが、
実際のところ、脳のしわの数も人による違いはありません。
誰の脳でも同じ数のしわが同じように存在しているのです。

故に、親がよく言うことは、何の根拠もない発言なのです。

by atom
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
親に脳のしわのことを指摘されたことはありませんが・・・?

天才と言われる人の脳には、しわがたくさんあるというようなことは
子供の時に聞いたことがあります。

たくさん勉強をすると脳にしわができるからだと。

天才も鈍才も脳そのものに、差がないということなのですね。

じゃあ何が違うのでしょうか?

 

 

大学受験・AO入試の Kip学伸(キップがくしん) 世田谷教室

脳科学受験1  脳医学と記憶

カテゴリー:脳科学受験2017.11.01

受験勉強の成否は、科目にもよりますが、
90%は暗記(記憶力)であるといっても過言ではありません。
東大の池谷祐二准教授は、東大生を教えていて感じることとして、

「東大の学生たちは、確かに、厳しい受験勉強を通過してきた強者ですが、
それでも天才的に頭がよいという学生はそれほどいません。
たまにいたとしても、それは例外中の例外です。」

たいていの人は一見抜群の記憶力を誇る頭脳をもっているように見えても

それは単に記憶するコツを心得ているにすぎません。

要領よく記憶しているだけなのです。

もちろん、
そのコツとは「法則性をつかむ」こと、

そして「理解して覚える」ことにほかなりません。
つまり記憶力とは本人の心がけ次第なのです。by atom
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そういえば、以前現役で東大法学部に合格した
Aさんは、

親に、白板を買ってほしいとお願いしました。
彼は、自分の部屋で、教師になりました。
誰も聴く人のいない部屋で、大きな声で授業をしたそうです。

ノートに書くだけでは、覚えられないからと
彼なりの工夫をしたのですね。

これも脳科学的学習法といえるでしょう。

大学受験のKip学伸 世田谷教室

最新の脳科学で志望校に合格するKip式学習術

カテゴリー:脳科学受験2017.10.30

根性や気合なんて時代遅れだ??
楽しく学ぶ 脳科学受験!!
受験というと、「死にもの狂いで勉強」というイメージがありますが、
受験勉強を精神的修行の時期と捉えるのはもう古いのではないかなあとおもいます。

根性や気合で乗り切ろうと我慢するのではなく、勉強方法を変えてみよう!

それぞれ顔の形が違うように、受験生の気質も様々です。

タイプA:新しいことにチャレンジする積極的で挑戦的なタイプの人。
でも、ちょっと情緒が不安定。
逆に、タイプB:内向的と言われる人で、急かされるのが苦手だけれども
小さな目標をたてて、マイペースで勉強をすると頑張れるタイプ。
積極的・消極的・外交的・内向的・感情的・理性的・情緒が安定・不安定等々
気質に優劣はありませんので、自分に適した学習方法を取りいれていくことが大切です。

お兄ちゃんが成功したからといって、その学習方法が自分に合うとは限らないのも
このような要因があるからでしょう。
これから「脳科学受験」についての連載がスタートしますので、楽しみにしてください(^^♪
AO入試受験のKip学伸

他のアジア諸国に比べ、日本にノーベル賞受賞者が多いのはなぜか?

カテゴリー:国語2017.10.19

英語教育が小学生から必修になり、今まで以上に英語に力をいれているご家庭も増えていると思います。Kipでは地域柄帰国子女がたくさん通塾しています。
海外で生活することのメリットはたくさんありますが、幼少期に親の仕事で海外生活を
余儀なくされた彼らにとって一番の悩みは日本語です。

帰国してから、受験で一番苦しむ科目は国語です。
英語でのコミュニケーション能力はあっても、母語である日本語がきちんと理解できていないと、英語力にも影響がでてきます。

私たちは、英語も日本語も中途半端になってしまうことを憂慮してきました。

そこでkipでは、長年母語である国語の力をつけるために全力を傾注してきました。
「どうすれば本物の国語力をつけることができるのか」と試行錯誤を繰り返しながら、

オリジナル国語教材も作成しました。自塾では使用していましたが、ご要望が多いことから製本化して現在他の塾でも使用していただいております。嬉しいことに大変好評です。

2019年1月に某出版社から本格的に増刷、全国デビューすることになりました。

英語はもちろん大事です。でも日本人である私たちにとってそれ以上に大事なのは
母語である日本語です。
「ノーベル化学賞受賞者の白川秀樹筑波大名誉教授は外国人記者の「他のアジア諸国と比べ日本にノーベル賞受賞者が多いのは何故ですか?」という質問を受けたときとっさに「日本語で書かれた教科書を使い、日本語で学んでいるからではないか」と答えたそうです。
本当にそうなのか、独りよがりな考え方なのではないかと、思索を続けていたそうです。
そんな折、白川教授の考え方を確固たるものとしたのは、作家の丸谷才一さんが書いた「考えるための道具としての日本語」という文章。言語を「思考のための道具」と「伝達のための道具」と区別し、前者がなおざりにされているのではないかと指摘するもので、教授はまさに我が意を得たりと感じたのだそうです。

実際、物理学、化学、医学・生理学などの賞は、アジア諸国の中で日本人の比率が高く、教授はこれについて「母語でしっかり学び、深く核心を突く考えを身に付けることが重要」だと語っています。」 Mugenndaiより抜粋

言語が伝達のための道具であることはだれでも知っていることですが
言語を「思考のための道具」「考えるための道具としての日本語」と捉えることで
長年の国語教育に対する私たちの思いが間違っていなかったと確信することができました。
嬉しい記事でした。

 

M
大学受験・中学受験のKip学伸  千歳船橋下車5分

上智大学合格!

カテゴリー:AO入試2017.10.07

先月は成城学園から上智大学に指定校推薦で一人の生徒が合格しました。

成城でも成績はトップ4には入っていました。高校に志望理由書を書かねばならず、夏期講習では志望理由書を書きあげました。

また、今月は聖ドミニコからはカトリック推薦で上智大学 総合人間科学部に決まりました。彼女も夏期講習では志望理由書と小論文の特訓をしました。特にカトリック推薦の場合は、当日の小論文の過去問がないため公募の同学科の過去問で添削をおこないました。

一口に志望理由書といっても、大学、学部学科、入試方式で書くことが異なっていくため、最後の仕上げは完全に個別に指導しなければなりません。

特に上智大学を勧めているわけではないのですが、なぜだかここ数年上智を志望する生徒が多いです。

卒塾生も遊びに来てくれるので情報も自然と集まり、また直に話を聞けるのも大きいのかもしれません。

 

現在高2の人で、上智の公募に興味あるならご連絡ください。今から始めることで高3スタートの人たちに差をつけることができますよ。

 

間違いの癖

カテゴリー:勉強方法2017.08.28

ロシアの文豪トルストイは、あるとき、刑務所に見学に行き、受刑者を見て、「幸福な人の顔はみな一緒だが、不幸な人の顔はそれぞれだ」と言った。

幸福な人は、概ね状況が似通っているため顔の表情も似ているが、不幸にはさまざまな形があるため、顔の表情もさまざまであるという意味だ。この考えをもう少しおしすすめると、人の個性は、幸福時より、不幸な状況のときのほうが出やすいと言えるのかもしれない。

学習においても、正解の仕方よりも間違え方の方が、その人の性格や個性がよくでる。

正解は、誰であっても同じだが、間違い方は千差万別だ。ケアレスミスが多いが、難問はできるという人と、ケアレスミスはないが難問は解けないという人では、対策の仕方がまるで異なる。

学力をつけたければ、この間違い方に注目しよう!

普段の学習、定期テスト、模試・・・・自分の間違いを見つめ、その癖を把握しよう。できるところは、いくら学習してもこれ以上の点数には繋がらない。できないところができるようになることで、点数に結び付く。

そのためには、間違いをしっかりと直して、どうして間違えたのか、なぜ分からなかったのかを普段の学習時から意識していこう。

 

世田谷区 小田急線千歳船橋駅   大学受験 Kip学伸

 

世田谷区の個別指導塾・進学塾・学習塾 Kip学伸
〒156-0054 東京都世田谷区桜丘5-49-3  小田急線「千歳船橋駅」より徒歩3分
経堂祖師ヶ谷大蔵などのエリアから通塾している生徒さんも、沢山いらっしゃいます。
TEL:0120-83-7775 又は 03- 3426-7573(兼FAX)