Kip学伸のブログ



都立高受験200字作文授業

カテゴリー:ブログ2019.05.21

5月18日土曜日はKipの教室では中学受験の模試がありました。塾長は、北区にある予備校で、「都立高校受験生のための200字作文」の授業をしました。

DSC_1685予備校での授業は、中3生40名の一斉授業ですが

DSC_1681

プロジェクターを使用し、Kipでのオリジナル教材を基に白熱の授業をしました。

毎回、課題作文の提出が義務化され、添削したものをプロジェクター等で

共有して学習しています。

授業内容がとても分かりやすく、書くことが好きになったという生徒もでてきたようです。

この授業をきっかけに、作文力を鍛えてほしいと願っています。

 

 

小論文・AO入試対策のKip学伸 世田谷教室

 

 

 

 

 

 

私立芝中学合格 「最後まで諦めず・・・ひたすら前を見て」

カテゴリー:中学受験2019.05.20

S君は芝中に合格するとすぐに合格体験記を書いて、持ってきてくれました。
彼も、Kipの先輩の体験記を読んで頑張ったからです。

彼は大手の進学塾で成績が伸び悩み、
悩んだ末に6年生の夏期講習からkipに転塾してきました。

転塾してからの2か月間は、グングン成績が伸びました。

特に夏期講習では朝から夜まで、毎日9時間の特訓です。
Kipは個別ですので、彼の一番苦手である算数を徹底してやりました。

以前の塾が一斉授業でしたので、
その時、質問することができなかった問題をひとつひとつ丁寧に教えました。

秋になると模試の結果に一喜一憂するようになり、
個人面談をしていろいろ話しあいました。
こどもは、親を心配させないように、ひとりで悩んだり落ち込んだりするものです。
学習の伸び悩みには、勉強以外に原因があったりすることが多いものです。
先生と生徒のコミュニケーションで信頼関係を構築することが受験には大切です。

彼の場合は、受験までのプロセスよりも、受験がスタートした2月1日の不合格から、
どのように諦めずに頑張り続けたかのか、その時の心の葛藤を書いてくれました。

1日から立て続けに落ちてしまい苦しみました。
後半戦の4日の芝中(3.8倍)5日の国学院久我山、6日の都市大付属に合格しました。
後半戦は試験会場の雰囲気にも慣れて合格を勝ち取りました。

合格証をもって、教室に飛び込んできました。

本当におめでとう!!
受験を通して本当に成長しました。
強くなったね♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ひたすら前を見て(本人がつけたタイトルです)

2月5日の午前、試験が終わり、僕は両親にむかえに来てもらいました。
お昼ご飯を食べる時に外に呼ばれ、芝中学校(2回)の合格証をもらいました。
そのとたん涙があふれてきました。最高の瞬間でした。

僕はその後、前の出来事を回想しました。
2月1日に僕は芝中学校の試験を受けました。
結果は不合格。
悔しくて悲しくて先が見えなくなって嘆く僕に、
母は「どの中学校に行っても必ず未来はある。」と言いました。

僕はその言葉をばねに受験はあきらめないと、決心を固めました。

2月3日は第1志望の海城中学(2回)の試験でした。
しかし試験は思うようにいかず、自信はなくなっていくばかりです。

体力的にも精神的にもつかれきっていました。
僕は、電車の音にかき消されるように試験の帰りに泣き崩れ、
「高望みだったのかな」
「受験やらない方が良かったかな」

ふと、そんな言葉がもれたとたんに、母の平手が飛んできました。
母も泣いていました。

「バシッ」

「こんなに成長したのに違う」
とつぜん大きなしょうげきが体を走りました。

そこで、我に返ったのかもしれません。
いつもの自分に戻った、そう思いました。

そしてむかえた2月4日の芝中学校(2回)の試験。
とてもやりきった、そう感じました。

自分が出来ないと思えば思うほど、やる気はなくなり、迷路をさまよいます。
しかし、迷ったとしてもそこから抜け出す努力をすることが一番大事です。
自分が出来ないと思うと、自らがメンタルブロックをつくり、抜け出せないのです。

自分をダメと決めつけずに、目の前の壁に正々堂々とぶつかっていってください。
そうすれば、必ず栄光はつかめます。

自分の心を見つめて、自ら合格をつかんでください。
勝利の兆しはもう目の前にある。ひたすら進め!!!

小6 K.S

大学受験のKip学伸 ・個別進学指導・ 小田急線千歳船橋駅5分

 

卒塾生 第一子誕生!!

カテゴリー:ブログ2019.05.16

 

IMG_2176  IMG_21809875117011476

 

今夜は卒塾生の達也君が赤ちゃんを連れて、奥様と3人で

遊びに来てくれました。

女の子で、名前は「ここ」ちゃん!!!

ココ・シャネルのように自立した逞しい女性に育ってほしいという

ご両親の想いからつけたそうです。

何て素敵な名前なんでしょう!!!

 

彼は4年生からkipに入塾して、高校3年まで在籍していました。

とてもユニークで、マイペース,感性が豊かな子でした。

自分の関心のあることには、とことんんのめり込んでいくこともありました。私にもよく本を貸してくれて、その本を読んで彼のことを理解できたように思います。

 

小学生当時、ひとりでPCを組み立ててしまい、周囲を驚かせました。

中学生の時、自転車で芦ノ湖まで行って私を驚かせたこともあります。

 

その彼が結婚をしてこどもをもうけて、挨拶にきてくれるなんて

なんて、嬉しいことでしょう。

ココちゃんを抱っこさせてもらいましたが、本当にキュートでおとなしくて可愛いbabyです。

私の子供のような達也君ですから,孫ができたように嬉しいです。

奥様もとても優しそうで、達也君をサポートしてくれています。

ここちゃんのために、素敵なパパとして頑張ってくださいね。

またいつでも遊びに来てくださいね。

 

 

 

AO入試対策ののKip学伸 世田谷教室

卒塾生のサプライズ訪問

カテゴリー:ブログ2019.05.15

IMG_2170    IMG_2172

夜9時頃、突然卒塾生の二人が現れた。

脅かせようとわざと連絡をしなかったそうだ。

大沢塾長と4人で11時すぎまで話が弾んでしまった。

昔のやんちゃ事件等々、思い出しながら笑いっぱなしでした。

 

かるちゃん&みっちゃん。現在26歳。

かるちゃんは、広告代理店で着実にステップアップをしていて、今年の9月に結婚を

することになったそうで。その報告。

ご結婚あめでとうございま~す!!

 

みっちゃんは、中学生の時から、消防士になりたくて

柔道。空手。剣道。

の練習に励んでいた有段者。

紆余曲折はあったけれど、やっと念願の消防士として

頑張っているそうです。

制服姿を見せにきてくれました。

格闘家のような勇姿に日常の訓練の厳しさが伝わってきます。

二人ともKipには7~8年在籍していたので、わが子の成長をみるようで

本当に嬉しかったです。

またいつでも遊びに来てくださいね!!!

 

 

 

大学受験、Ao入試対策の Kip学伸 個別進学指導塾 小田急線千歳船橋駅下車5分

 

講師研修会認定授与式

カテゴリー:ブログ2019.04.22

授賞式

AO研修講座(一般社団法人国語力教育研修会主催)最終日

21日 日曜日は最後の研修会でした。

昨年11月にスタートしてから約半年・・・動画授業を含めて10時間以上の

授業に参加していただきました。

今回は授業及び質疑応答終了後に認定証の授与式をおこないました。

埼玉県本庄市にある「大地学習塾」の五十嵐先生が代表で授与されました。

すべての授業に参加し、動画もすべて受講しました。とても熱心に学習をされていました。

彼は大地の塾生の国語力向上のために頑張ろうという思いに溢れていました。

大地から優秀な学生を輩出してください!!!

 

 

AO入試・難関大学受験指導塾・Kip学伸

 

 

 

 

「東大合格していました」

カテゴリー:大学受験2019.03.21

東大受験の記事だけ載せて、合格したことをお知らせしていませでした。

彼の名誉のために、「合格していました」とラインが来ていたことをお知らせします。

理科Ⅱ類です。

因みに理科Ⅱ類は理科三類と同じクラスになります。

理科1類よりは女子学生が少し多いそうです。女子が怖いと言っていたH君にとっては良い環境です(笑)

男子校で6年間学んだM君ですから、進学後は女子学生の友達ができるといいですね💛

出張授業

カテゴリー:国語2019.03.11

3月9日の土曜日、田端の志学ゼミさんに出張授業に行ってまいりました。

中3生40人相手に、作文の極意をお伝えする授業です。

多くの生徒さんが目をキラキラと輝かせながら熱心に聴いている姿が印象的でした。

文章を書く際は必ず「読み手を想定すること」

という前提から始まり、その一環として

「正しい書き言葉で書く」ことまでを学習しました。

 

「なので」は使わない。

「~たり」と書いたら次の動詞にも「~たり」と書く。

「やる」は対象が人間以外の生物のときに使う。

植物に水をやる

ペットにエサをやる

 

×宿題をやる  ⇒宿題をする

×部活をやる  ⇒部活動をおこなう

 

 

DSC_1607

 

東大受験!

カテゴリー:大学受験2019.03.07

6年前に卒塾をしたHくんが突然教室に顔を出してくれました。

背は高くなったものの、顔は小学生だった当時とまったく同じです。

小学5、6年生のときに、Kipに通い、帰国子女受験で、攻玉社に進学しました。

当時は、国語の担当だったF先生にいつも「うるさい!」と言って叱られてたいたのですが、今日見た彼は、実に勉強をしている雰囲気をまとっていました。

卒塾生が勉強しているかどうかは、見て直ぐにわかります。彼は素晴らしい中高の6年間を過ごしたのだと思います。

進学後、引っ越しをしたため疎遠になっていたのため、彼と会ったのは6年ぶりです。

つい、先日東大を受験し、勉強から解放されたけど何をして良いか分からず、昔住んでいたエリアを訪れにきたとのことでした。

早慶を含め、滑り止めはすべて合格したそうです。しかも、東大も合格していると思うと断言していました。

勉強以外の話になるとまだまだ幼さが残っていましたが、興味のあることになると目を輝かせて、学ぶ意欲を語ってくれました。

 

時に、こうして卒塾した生徒が頑張っている姿を見せてくれるのは本当に嬉しいものです。

 

Kip学伸

卒塾生の来塾

カテゴリー:塾の様子2019.02.19

昨日、去年大学生になったSくんが塾に突然遊びに来てくれました。

早稲田の合格発表からおよそ一年が経ちました。

彼は中高時代、サッカーを一所懸命していて、大学ではスポーツをどうビジネスに結びつけるのかを学びたいと言って、早稲田のスポーツ科学部へ行きました。

 

話を聞くと、大学でサッカーの部活に入ったらしいのですが、そこがやはり全国レベルの人がいるようなところだそうです。レギュラーになるチャンスがないのかどうかを尋ねたところ、頑張ればなれそうなので、現在部活にかなり力を入れているそうです。

中高時代スポーツを頑張っていた生徒の大半が、高校卒業を機に辞めるなか、彼は反対に大学で、これまで以上にサッカーに取り組んでいるとのこと。

また、周りの生徒を見て、「もしサッカーをしていなかったら遊び呆けていたかも」、というセリフも印象的でした。

明大明治合格

カテゴリー:中学受験2019.02.18

付属校へ進学させたいというご両親の強い要望で

彼は明大明治に進学することになりました。

中高の6年間、部活動をはじめ、好きなことにチャレンジさせたいという

親御さんは多いようです。

中学受験の場合はまだ12歳ですので、今後将来の希望や力を入れたいこと等も

どんどん変わってくると思います。

明治大学では現在、他大への受験の門戸が開かれていますので、高校生になった時に

自分の好きな進路を選択できるでしょう。

高校受験がないのですから、その分思い切りやりたいことに集中してほしいです。

 

 

中学受験のKip学伸 世田谷教室

小田急線千歳船橋駅下車