Kip学伸のブログ



学力が伸びる受験生は何が違うのか?

カテゴリー:大学受験2022.12.01

受験直前まで学力が伸びる生徒もいれば、早い段階で成績が上がらない、場合によっては下がってしまう生徒もいますが、何が違うのでしょうか。

受験生において、何をどうやって勉強するか、どういうテキストで仕上げるのか、過去問はいつから始めるかといったようなことが重要なのは言うまでもありませんがmもっとも重要なことは心構えだと思います。

毎年受験生を見ていて思うのは、人間はプレッシャーがかかると、自分の弱い部分が必ず出てくる、ということです。つまり、受験が近づいてくると弱い部分が出てくるのです。

 

しなければならないのは分かっているのに、勉強から目を背ける。

よくあることです。こうした自分の弱い部分と向き合うために、必要なことを二つ挙げてみたいと思います。

 

まずは、「目標に対してブレない」ということです。

受験生であるから、何としても受験が終わるまでは勉強をできる限りしなければなりません。たとえば、世間がサッカーでにぎわっているからといって、「ちょっと今日だけは見てしまおう」なんて思うと、そこから勉強に対する軸がブレだします。とにかく、受験以外のことはできる限りシャットダウンして、コンスタントに全力で勉強に取り組むことです。志望校を常に念頭に置き、そこに行くためにするべきことを受験が終わるまでする、という姿勢を崩さないことです。

 

これは必ずしも、志望校を変更するな、という話ではありません。極言すれば、受験生のやるべきことは勉強であり、その覚悟をもって勉強し続けろということです。

次に挙げたいのは、「変な見栄やプライドは捨てろ」ということです。

受験はプライドが傷つきます。模試が返却されると、落ち込むこともあるでしょう。E判定など見て、落ち込まない人はいないでしょう。

 

しかも、そうした成績を学校に把握されていたり、塾の先生に見せなければならないのですから、自尊心が傷つくのも無理はありません。自尊心が強すぎると傷つかないように防御が働きます。

防御が働くと、自分自身の弱い部分と向き合えなくなります。加えて、弱点をさらせなければ救いの手は伸びてきません。

「助けてください」と言うから、救いの手を差し伸べる人がいるのです。「大丈夫です」と言っている限り、だれも救いの手は差し伸べてくれません。

 

結果として、学力が伸びることはありません。

 

要するに、目標達成を第一に掲げれば、小さなプライドは捨てなければならないのです。

 

 

 

 

 

 

23日(水)お休みのお知らせ

カテゴリー:お知らせ2022.11.22

23日水曜日は塾がお休みとなっております。お間違いのないようご注意ください。

「絶対に上智大学に!」上智大学神学部 合格体験記

カテゴリー:大学受験2022.11.17

上智大学神学部にカトリック推薦で合格したS君

彼は高校受験で第一志望校に合格できなかったものの、その悔しさをバネに高校時代は三年間、すべての定期テストで学年1位をとり続けました。その努力プラス、上智への思いを形にするためにKip学伸で、小論や志望理由書の訓練を積んできました。努力で勝ち取ったご

 

 

「絶対に上智大学に!」

この思いを胸に私は、高校入学当初から合格を目指し努力を重ねてきました。そして今日、11月1日私は上智大学神学部にカトリック推薦で合格することができました。

カトリックのミッション系スクールに通い、「隣人愛」や「他社のために」という精神を学ぶ中でキリスト教に惹かれたのが、日本で唯一のカトリック神学部を有する上智大学を志望したきっかけです。

そして私は、上智大学への合格を確固たるものとしたいと、高校2年の夏ごろにKip学伸に入塾しました。カトリック推薦では、事前に志望理由書を提出し、当日試験として小論文と面接を行います。したがって、入塾当初は、文章を書くときのルールや要約などの基礎練習を重ね、提出書類などの足掛かりを作りました。そして志望理由書の作成では、将来の夢を根底として大学、学部で学びたいことを書きました。作成時は夢や目標が定まらず、文章を一から書き直すことが多かったです。その道程は険しく、甘いものではありませんでした。

また小論文の対策では、私は高校からキリスト教を学び始めた未信者ということもあり、聖書の知識やキリスト教の教えをもとに時事問題への意見を論じる小論文は苦戦を強いられました。しかし、宗教の授業を傾聴することや聖書の解説書を読み解く中で知識を蓄えていくことで最終的には、納得のいくものが書けるようになりました。

そして試験当日、小論文は問いに対してキリスト教の理念を交え、悔いのないものに仕上げることができました。また、面接では学校やKip学伸の先生方と練習したことで、焦らず自分の想いを的確に伝えることができました。自分の全霊をぶつけられた1日だと振り返って思います。

今回の上智大学の合格は、ひとえに大沢先生のご指導があってこそのものだと言えます。小論文や志望理由書の対策はもちろん、豊富な知識からくる考えは、とても刺激をもらえました。もし、Kip学伸に出会ってなかったらと思うと怖くも思えます。大沢先生をはじめ、Kip学伸の先生方には本当に感謝しています。ありがとうございました。

そして、この成功体験から難民支援という夢を掲げる身として、合格がゴールだとは思わず、Kip学伸の学びを活かして上智大学神学部で夢の舵を切っていきます。

指定校推薦

カテゴリー:大学受験2022.11.10

今年は、指定校推薦を受けた受験生が結果的には多く、現時点で7名の進路が決まりました。

東京理科大、青学二名、法政、東京都市大、東海大、上智大と難関大学が多めです。

あとは、公募推薦と一般です。

YouTubeの登録者数が1,500名を超えました!

カテゴリー:お知らせ2022.11.09

先月20日にYouTubeの登録者数が500名を超えましたというブログを出したところなのですが、そこからわずか3週間ほどで1000名も登録をしてくださる方が増え、現在では1,500名を超えています。ありがとうございます。

急に増えた原因が我々にも分かっていないので、戸惑う気持ちもあるのですが、多くの方にご覧になっていただけるわけですから嬉しい限りです。

上智大学神学部合格

カテゴリー:お知らせ2022.11.01

S君が、上智大学神学部にカトリック推薦で合格しました。

おめでとうございます!

S君が偉いのは、高校受験で第一志望の高校に行けなかったことをバネにして、高校時代の定期テストですべて学年一位を取り続けたことです。

大学では志望校に必ず合格する、という強い信念のもと勉強を続け、高2からカトリック推薦に向けて、志望理由書の書き方や小論文の訓練をしてきました。

ミッション系の高校に行っていたこともあり、上智大学の教育理念にも惹かれていたので、彼にとって最高の大学に合格することができました。

心よりおめでとう!!

わが子の成績を上げるために「自己肯定感」を育もう!

カテゴリー:ブログ2022.10.25

学力を伸ばすのにもっとも重要なことは何でしょうか?

各科目の勉強法や、勉強量を増やすことはもちろん重要ですが、最も重要なことは「心構え」だと思います。

 

その中でも、自分で自分が信じられることはとても重要です。勉強を続けていくと、当たり前ですが学習時間に比例して成績が上がるとは限りません。また、うまくいかないことも当然でてきます。そうした壁に直面したときにこそ、その人の真価が問われます。「もうだめだ」と思えばそれまでになってしまいます。「自分ならできる」と心から思えるには、自分で自分を評価する感情、すなわち「自己肯定感」を持たなくてはなりません。

日本ではこの自己肯定感は、あまり重視されてこなかったのですが、おそらくプロスポーツを通して、その重要性に少しずつ注目がいくようになってきました。こうした感情を持てる人が日本では他国に比べて少ないそうです。実際、若者を対象にした意識調査を複数国で実施したところ、日本の若者は「自己肯定感が低い」という特徴があるそうです。内閣府のデータによりますと、たとえば「自分自身に満足している」という項目で、アメリカ86%、イギリス83%、韓国72%なのに対して日本は46%しかありませんでした。その他項目においても、自己を肯定するような項目は軒並み低いというのが特徴です。

 

もちろん、自己肯定感というのは感情ですから、先天的なものではなく、環境によって育ってきたものです。言葉を換えると、自分を肯定する感情を育てていく環境が日本ではあまりないということでもあります。人間にあってAIにないものは感情です。自分で自分のことを信じることができるからこそ、想定を超えたことを人は成し遂げることができるのです。自分で自分のことを評価するというのは、もちろん傲慢になるということではありません。心の底で、「自分であればできるだろう」と自分自身のことを信じる気持ちのことです。こうした感情を持てるからこそ、自分の未来を思い描き、その実現に向けて一歩が踏み出せるようになるのです。

 

この自己肯定感を育んでいくためには、二つのことが重要だと思います。まずは、自分の感情に向き合うことです。そのためにはご両親の協力が欠かせません。

学校から帰ってきたお子さんに「今日は何があったの?」と質問することは日常的にあると思います。それに対して、「数学の小テストがあった」という返答があったとします。それに対し、「どうだったの?」と聞くと、「だめだった」あるいは、「良かった」といった答えが返ってくると思います。もっと頻繁にありそうな会話としては、「宿題やったの?」や「終わってないなら早くしなさい」というようなやりとり、していませんか?

こうした会話の中には相手の感情に踏み込んだようなことは一切出てきていません。そこに事実を問う質問と次にやるべき指示だけがあります。こういうような会話が続きますとお子さんが感情豊かに自分の気持ちを肯定することも難しいでしょうし、自分の気持ちを醸成するような時間がないわけです。常に時間に追われるように、「あれやったの」「これやったの」「どうだったの?」「ああだったの?」と絶え間なく続きますと、「自分はこう思った」とか「こういう気持ちになったけど、良いのだろうか」とじっくりと考える時間が作れません。

ですから、じっくりと自分の感情に向き合う時間を意識的に作るために、ご両親がふだんどのような言葉をかければ良いのかを考えていただきたい。難しければ、詰問するのを止めて、自分でじっくりと考える時間をあたえてあげるだけでも良いと思います。自分の心と向き合ってどのような感情が育っていくのかを見つめられる人になれば、自己肯定感はおのずと育っていきます。

もう一つ重要なことは、たとえばある目標ができたときにふつうは「できる」「できない」の二つで考えていまいますが、「できない」を考えずに「できる」ためには何をしたら良いのかと考える訓練です。人間というのはできないための言い訳をする天才です。ですから、「できる」「できない」で考えてしまうと、ついつい「できない」ほうに引きずられてしまいます。そうならないために、最初から「できる」という考えた方を持つのです。

YouTube 登録者数500人突破!

カテゴリー:お知らせ2022.10.20

お陰様でYouTubeの登録者数が500人になりました。ありがとうございます。

小学生の親御さんに向けたものと総合型選抜入試に向けたものを軸にしたチャンネルです。

https://www.youtube.com/channel/UCljrruwdJvq8-25yImHmqfA

登録がまだお済でないかたは、ご登録をよろしくお願いします。

お休みのお知らせ

カテゴリー:お知らせ2022.10.08

10月10日(火)は塾がお休みとなっておりますので、お間違いのないようご注意ください。

推薦系入試は本当にズルいのか?

カテゴリー:AO入試・総合型選抜入試/小論文対策2022.10.07

少し前に、早稲田大学の卒業生が「これまでは学歴社会であったから収入格差社会となった。これからは、学歴ではなく各自が経験したことを基準に、することで格差が縮小する」というようなことを発言して炎上騒ぎがあった。批判する側は「その経験こそが経済的な基盤によって支えられている」、つまり金で経験を買っていると言っているのだ。

議論のどこに焦点を絞るかによって話は変わってくるので、ここでは分かりやすく、これまでの「学力中心の入試」というのと「学力以外の能力を計る総合型選抜入試」との2つに分けて考えてみる。

以前から「AO入試はズルい」といった声はあった。

その一つは、そもそも都会に住んでいるお金持ちが有利だというのである。帰国子女の大半は、関東や関西に帰国する。海外に行くことだけではなく、何か活動をするのでも都会のほうが有利であり、また周りにもそういう人に恵まれている。つまり、都会の高校生のほうが田舎の高校生よりも有利であるため、学力で測るほうが平等であるという主張である。

 

確かに、帰国子女、海外経験などは地方の高校生よりも都市部の高校生のほうが身近に存在する。ただ、総合型選抜入試は海外に行った、あるいは住んでいたということを競う入試ではないので、あくまでもその経験をどうやって昇華するかがポイントであるため、海外経験の有無そのものが評価の対象ではない。それよりはむしろ、過去の活動と大学で取り組みたいこと、未来の夢が形となっているかどうかがポイントである。したがって、都会も田舎も海外経験の有無もあまり関係ない。

次に、学校の成績が良いだけで勉強があまりできないのに、難関大学にいくのがおかしいというような声もある。一所懸命に勉強をしている人が受からない大学に、書類と面接と小論だけで受かるのはおかしいと主張する人もいる。これは二つの意味でおかしな批判である。一つは、学校の成績が良いだけで難関大学に受かるのであれば、自分も高校時代に成績をとれば良いだけである。成績をとるチャンスは平等に与えられている。そもそも、良い成績をとり続けることは大変であり、その大変なことを努力によって続けた人を、高3になって要領よく学習できるからといって批判するのはおかしい。

 

最初に書いたように、総合型選抜入試が「学力以外の能力を測る入試」だからである。たとえば、社会に出たときに、要領の良い人よりも愚直に努力をできる人を評価することがあるように、大学がそうした人を評価するとしても何もおかしなことはない。学力のみによって、人の能力が測れるという考えが、必ずしも正しいわけではない。そもそも、能力というもの自体が社会的なものである。たとえば、百メートル走を世界一速く走れる人間は、その能力を称えられるが、その競技自体が社会的な存在である。というのも、もし百メートルを競争するのであれば、必ずしも平地でなくても構わないからだ。垂直に百メートル登る競技であったとしても構わないはずである。百メートルの建物を登る人間の能力が称賛されないのは、彼の能力の不足が原因ではなく、そうした競技が社会で認められていないということに起因する。あるいは、仮に現在の百メートル走の世界記録を上回る人がいたとしても、社会に認められなければ(社会のルールに則ってタイムを測らなければ)、その記録は、存在していないに等しい。

また、書類と面接だけで受かると思っているのであれば、それは書類を作成する難しさと手間を分かっていない。高校生の段階でいったん、自分の夢を描き、その夢を実現するのに必要なこと、勉強しなければならないことを考え、調べる。そのうえで、自分にその適正があるかどうかも、自問していきながら少しずつ、ネタを集めることは、想像以上に時間と手間がかかることである。もちろん、ネタが集まったとしても、実際に書類を書き始めると何十回との書き直しがあり、その過程は不安との闘いである。周りの友達が確実に覚えるべき英単語を増やしていく中、自分は正解のない書類を作り上げていかなければならないのだ。

私自身は、いくつもの理由があるにせよ、その一つには実社会の要請に従って、これまでの入試方式ではなく総合型選抜入試の類が生まれたと考えている。ペーパーテストがいくらできたとしても、海外の人たちと仕事を取り合う過程で勝てるとは限らない。日本の経済力が世界でも地位が高ければ、日本の価値観だけで生きていったとしても困ることはないが、経済力が低下するにつれて、世界標準に合わせていかなければならないのは当然の理である。

 

そのように考えると、総合型選抜入試はズルい入試方法どころから、今後の時代もっともっと国をあげてレベルアップを図らねばならない入試方式だと私自身は信じている。

 

漢検の合格発表

カテゴリー:お知らせ2022.09.28

夏休みに実施した漢検の合格賞状が届きました。

合格したみなさん、おめでとうございます♪

昨日より授与をおこなっております。

小学5年生のR君は4級に合格しました!

 

20220928012914

 

 

20220928011413

志望理由書最後の仕上げ

カテゴリー:AO入試・総合型選抜入試/小論文対策2022.09.17

総合型選抜入試・公募推薦・自己推薦などで受験をする人は、志望理由書が最後の段階にきたころでしょうか。

自分の書いた書類がどのレベルなのか分かず、不安も大きいと思います。

誤字脱字衍字のチェックはできても、内容そのものをチェックすることは難しいことでしょう。

たとえば、ご両親や学校の先生からOKを貰ったのであれば、形式としてはおかしくないということです。

それでももっとブラッシュアップしたいのであれば、コツとしてはライバルとどうやって差をつけるのかを考えることです。

ライバルと同じような内容を書いていれば、読み手に引っ掛かりません。どうすれば、読み手に興味をもってもらえるのか、ということに焦点をあてて最終段階への修正を考えましょう。

 

 

夏期講習終了のお知らせ

カテゴリー:お知らせ2022.09.01

9月2日(金)が夏期講習最終日となります。3日(土)より通常授業が始まりますが、6日(火)は塾がお休みとなりますので、お間違いのないようご注意ください。

模試の注意点

カテゴリー:ブログ2022.08.31

中学受験をする人は、年間に何度も模試を受けることになりますが、回数が増えてきますと何となく緊張感が薄れてしまします。お金を払い、時間をとって受ける模試ですから、できる限り本番同様に臨むことが良いでしょう。

 

そのためには、改めて以下のことを確認ください。

 

・テスト開始に十分に間に合うように入室する。

いつもバタバタとテスト直前に入室をする人がいますが、余裕をもって入室しましょう。

 

・鉛筆は長い物を複数用意する。

短い鉛筆は持ちにくいうえに、字が雑になるので使用しない。シャーペンシル一本のみを持ってくる人がいますが、芯が出なくなったり、壊れたりした場合を考え、必ず複数本用意する。

 

・鉛筆は家を出る前に削る。

模試の前日の夜に必ず筆箱を確認しましょう。

 

・消しゴムは転がり落ちないものを二つ以上用意する

消しゴムが机から落ちた場合に備えて、予備の消しゴムを用意する。

 

・答案以外にも冊子にも必ず答えを書き写し、その日のうちに必ず自己採点をする。

その際、できなかった問題をできるようにすることよりも、本来であればできる問題にもかかわらず点数を落としてしまった問題を確認し、何が原因で点数を落としたのかを明確にする。「ケアレスミス」の一言で片づけない。難しい問題ができるようになることよりも、とれる点数を落とさないことを念頭に置きましょう。

 

・成績が返却された際は、偏差値に一喜一憂するのではなく、何が課題でどのようにその課題を克服するのかを家庭で話しあう。

結果を見て感情的になっても良いことは一つもありません。

 

・毎回の模試でベストを尽くす。ベストを尽くすために、できることが何なのかを話し合う。

各科目の出題範はが決まっていますから、暗記分野はそこに絞れば点数はとれます。そこで点数をとれていない場合は、単なる勉強不足です。

 

・時計を用意する際は、デジタル時計ではなくアナログ時計。

 

 

YouTube開設から2年

カテゴリー:お知らせ2022.08.25

Kip学伸の公式YouTubeチャンネルを開始してこの8月で丸二年となりました。みなさまのお陰で少しずつ登録者数も増えておりまして現在は350名(8月半ばの時点)となりました。ご協力に感謝しております。もし、ご登録がまだの方がいらっしゃったら是非ご登録いただきますようよろしくお願いいたします。

内容としては、これまでにおこなってきた何百の面談のなかでよくあったご相談とそれに対する回答、何百人の生徒を指導してきたなかで分かってきたこと、あるいはKipで指導している講師がどういう人なのかが分かるようなものや、受験情報、あるいは総合型選抜入試についての解説が中心となっています。

全体的な傾向としては、総合型選抜入試における志望理由書の書き方が多くの人に視聴されています。専門で教えている塾や先生が少ないというのもあるでしょうが、どういう風に考えて書けば良いのか習ったことがない人が多いからというのが最大の理由かなと思っております。

その他、変わった本を案内する「奇書案内」シリーズやインド式計算を扱ったショートも挙げています。

お休みのお知らせ

カテゴリー:お知らせ2022.08.10

8月11日(木)~15日(月)までは塾がお休みとなっております。お間違いのないようご注意ください。