Kip学伸のブログ



東大受験!

カテゴリー:大学受験2019.03.07

6年前に卒塾をしたHくんが突然教室に顔を出してくれました。

背は高くなったものの、顔は小学生だった当時とまったく同じです。

小学5、6年生のときに、Kipに通い、帰国子女受験で、攻玉社に進学しました。

当時は、国語の担当だったF先生にいつも「うるさい!」と言って叱られてたいたのですが、今日見た彼は、実に勉強をしている雰囲気をまとっていました。

卒塾生が勉強しているかどうかは、見て直ぐにわかります。彼は素晴らしい中高の6年間を過ごしたのだと思います。

進学後、引っ越しをしたため疎遠になっていたのため、彼と会ったのは6年ぶりです。

つい、先日東大を受験し、勉強から解放されたけど何をして良いか分からず、昔住んでいたエリアを訪れにきたとのことでした。

早慶を含め、滑り止めはすべて合格したそうです。しかも、東大も合格していると思うと断言していました。

勉強以外の話になるとまだまだ幼さが残っていましたが、興味のあることになると目を輝かせて、学ぶ意欲を語ってくれました。

 

時に、こうして卒塾した生徒が頑張っている姿を見せてくれるのは本当に嬉しいものです。

 

Kip学伸