Kip学伸のブログ



生きていくということは=悩み続けていくということ

カテゴリー:中高生の悩み2018.07.11

7月7日(土) 楽しく学ぶKip保護者セミナー」を開催しました。

多くの皆様にご参加いただきましてありがとうございました。

当日、学校行事等で欠席された方のために、ブログで少しずつ発表していきますね

 

テーマ ●「小学生から考える大学受験」              by大沢歩(塾長)

 

                 ●  AI活躍の時代―

                     社会で生き延びるためにわが子には何が必要なのか?  親として心掛けること! 

                                by 松本衣代(代表)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

生きていくということは=悩み続けていくということ

 

私は30年以上にわたりこの地で塾を経営してきました。

教育相談は年間100人ほどですから30年でも3000人以上になります。

こどもたちからの相談をいれるともっと多くなります。

 

現在では卒塾生が全国・世界に散らばっています。SNSの発達によって、世界は

どんどん狭くなり、Kipの卒塾生からのコンタクトも増えています。

塾創立当初の卒塾生は40代になり、父となり母となって奮闘しています。

 

PCやスマホに私の名前を入力したら、KipのHPがヒットしたと言って、連絡をくれる人もいます。

 

「先生!まだ塾やっていたんだね?」

「僕のことをおぼえている?」

とても懐かしく、メールのやりとりをしたり、電話で昔を懐かしんだりしているのですが、話を進めていくと、彼らはみな悩んでいるのです。

小・中学生の時の声 そのままですが、深刻な問題を抱えている子がほとんどです。

 「・・・でもさ、今健康で生きているわけだから、必ず乗り越えられよ。

悩んでいるということは、生きている、前進しているという証拠なんだよ!!」

 悩みは一生続く。

よって、勉強はもちろん、生き抜いていく精神力、人間力をいかにつけるかが

成功する、幸せになるための必須条件です。

元気でハッピーな時はいい、辛くハードな時には遠慮しないで連絡をくださいね。昔と同じように一緒に考えよう!

人間ってね、思った以上に逞しくて強い動物なんですよ!

 

 

 

M

 

 

 

 

大学受験・AO入試対策  個別進学指導塾のKip学伸  世田谷教室