Kip学伸のブログ



わが子が夢に向かって動き出すために

カテゴリー:ブログ2022.07.29

大きな夢に向かって、みずから調べ、みずから行動できるようになれば、こんな素晴らしいことはないでしょう。しかし、実際はなかなか最初の一歩を踏み出すことすらしない、我が子を見て、地団太を踏んでいるお父さん、お母さんも多いと思います。

夢に向かって行動を起こすにあたって、その原動力となり、さらにご両親の協力が必要となる「自己肯定」について今から、お話していきます。自己肯定感というのは、自分の存在や価値を積極的に評価できる感情を意味する言葉です。

 

日本ではあまり重視されてこなかったのですが、おそらくプロスポーツを通して、その重要性に少しずつ注目がいくようになってきました。こうした感情を持てる人が日本では他国に比べて少ないそうです。実際、若者を対象にした意識調査を複数国で実施したところ、日本の若者は「自己肯定感が低い」という特徴があるそうです。内閣府のデータによりますと、たとえば「自分自身に満足している」という項目で、アメリカ86%、イギリス83%、韓国72%なのに対して日本は46%しかありませんでした。あるいは、自分には「長所がある」という項目においても、ドイツ92%、フランス91%に対して日本は69%でこれも最下位です。その他項目においても、自己を肯定するような項目は軒並み低いというのが特徴です。

 

もちろん、自己肯定感というのは感情ですから、先天的なものではなく、環境によって育ってきたものです。言葉を換えると、自分を肯定する感情を育てていく環境が日本ではあまりないということでもあります。人間にあってAIにないものは感情です。自分で自分のことを信じることができるからこそ、想定を超えたことを人は成し遂げることができるのです。自分で自分のことを評価するというのは、もちろん傲慢になるということではありません。心の底で、「自分であればできるだろう」と自分自身のことを信じる気持ちのことです。こうした感情を持てるからこそ、自分の未来を思い描き、その実現に向けて一歩が踏み出せるようになるのです。

 

この自己肯定感を育んでいくためには、二つのことが重要だと思います。まずは、自分の感情に向き合うことです。そのためにはご両親の協力が欠かせません。

学校から帰ってきたお子さんに「今日は何があったの?」と質問することは日常的にあると思います。それに対して、「数学の小テストがあった」という返答があったとします。それに対し、「どうだったの?」と聞くと、「だめだった」あるいは、「良かった」といった答えが返ってくると思います。もっと頻繁にありそうな会話としては、「宿題やったの?」や「終わってないなら早くしなさい」というようなやりとり、していませんか?

こうした会話の中には相手の感情に踏み込んだようなことは一切出てきていません。そこに事実を問う質問と次にやるべき指示だけがあります。こういうような会話が続きますとお子さんが感情豊かに自分の気持ちを肯定することも難しいでしょうし、自分の気持ちを醸成するような時間がないわけです。常に時間に追われるように、「あれやったの」「これやったの」「どうだったの?」「ああだったの?」と絶え間なく続きますと、「自分はこう思った」とか「こういう気持ちになったけど、良いのだろうか」とじっくりと考える時間が作れません。

ですから、じっくりと自分の感情に向き合う時間を意識的に作るために、ご両親がふだんどのような言葉をかければ良いのかを考えていただきたい。難しければ、詰問するのを止めて、自分でじっくりと考える時間をあたえてあげるだけでも良いと思います。自分の心と向き合ってどのような感情が育っていくのかを見つめられる人になれば、自己肯定感はおのずと育っていきます。

もう一つ重要なことは、たとえばある目標ができたときにふつうは「できる」「できない」の二つで考えていまいますが、「できない」を考えずに「できる」ためには何をしたら良いのかと考える訓練です。人間というのはできないための言い訳をする天才です。ですから、「できる」「できない」で考えてしまうと、ついつい「できない」ほうに引きずられてしまいます。そうならないために、最初から「できる」という考えた方を持つのです。

突然話が変わりますが、メンタリストDaiGoという人をご存じでしょうか?最近はYouTubeや動画配信をずっとしていて、時に炎上をして話題になっている人です。彼は、もともと大学生の頃にメンタリストという当時あまり馴染みのない職業というのでしょうか、そういうものを前面的に押し出して、フォークを曲げたり、相手の選んだカードを当てたりして有名になっていきました。今ですと、おそらくYouTubeで検索をかければ彼のそうしたパフォーマンスだけではなく、タネまですべてを解説している動画もあるでしょう。

彼がとある本で対談しているのですが、そのなかにフォーク曲げに関する話をしていました。タネに関して話をしているのかなと思いながら読んでいますと、フォークを曲げるのにいちばん重要なのはフォークが曲がるというイメージを強く持つことだと言っていました。それが非常に印象的でした。なぜなら、フォークは超能力で曲がっているわけではなく、あくまでも物理的な現象で曲がっているにもかかわらず、その技術的なことよりもフォークが曲がるというイメージを重視しているからです。一見すると、タネを特定されないためにごまかした表現をしているのかとも思いましたが、おそらくそうではないのです。

彼はフォーク曲げに関して超能力であるとは一切言っておりませんが、手品ですとも言っておりません。メンタリズムであると言っています。手品であると言ってしまえば、だれも注目してくれないので、これは人に注目してもらうためのフックです。多くの人はメンタリズムと言われても何のことか分からない。ただ、フォークが曲がる現象自体が超能力のように見えるので、このような現象がありえるか否かで考えてしまいます。実際、東北大学のアルミだかステンレスだかの権威の先生たちに囲まれた状況でもフォーク曲げをしたそうです。しかし、この時点で大学の先生たちは負けています。なぜなら物理的にそのようなことはありえないと思考を自分たちのフィールに限定して考えてしまっているからです。現実にフォークはグニャグニャに曲がっているのですからフォークはグニャグニャに曲がるのです。

重要なことは、フォークはグニャグニャに曲がると考え、どんな風に曲がるのかをイメージして、そのイメージを実現するためには何をすればよいのかということを考えるのです。極端な話をすると、フォーク自体が実は曲がっていないとしても、お客さんには曲がっているように見えれば良いわけです。ですから、錯覚も利用するし物理学も化学もあらゆることを利用して、フォークがグニャグニャになれば良いのです。

このことを踏まえて話を戻しますと、お子さんが夢や目標をもったときに、まずは全面的に肯定してあげることが重要だということが分かると思います。

 

ただ、夢や目標をもち語ったときに、何が問題となるか分かりますか?実は、大きな目標や夢を語ると、身近にいる人ほど、ついつい「そんなの無理だよ」と言ってしまいます。さきほどの大学の先生のように。もちろん、お子様にとっていちばん身近な存在はご両親でしょう。だからこそ、ご両親にはそれを肯定していただきたい。「できる」と思い、信じることで、どうすればそれが実現するかを考えることができるようになります。自分で自分のことが信じられなければ、そもそも夢も描けませんし一歩踏み出すこともしなくなるでしょう。重要なことはできるかできないかではなく、「できる」と信じて実現のために一歩踏み出して、自分で工夫をして考えて進むことです。

 

【残席少】小学生、中学生、高校生クラス募集中!
大学受験、中学受験の個別進学指導塾 Kip学伸(キップがくしん)
小田急線「千歳船橋駅」より徒歩3分
住所:〒156-0054 東京都世田谷区桜丘5-49-3
TEL:03-3426-7573