Kip学伸のブログ



志望理由書とは何か③

カテゴリー:AO入試2019.10.03

AO入試と一口に言っても、入試内容は様々です。

もっとも分かりやすいのは、志望理由書や活動報告書といった提出書類と面接のみという試験方式です。

これに、小論文やプレゼン、あるいはグループ面接が加わったりしていきます。

AO入試が、難しいのは、自分がどれくらいのレベルにあるのかが分からないことでしょう。

ここが不明であるために、何も実績がないのに「何とかなる」と思ってしまう人が多いのだと思います。

塾で目安にしているのは下記のことです。

早慶レベル・・・全国大会あるいは世界大会レベルのなにかがある。あるいは、実際に起業をしたり、何らかのプロであったりし、すでに活動をおこなっている。

上智・MARCH・関関同立・・・志望学部に進学する必然性を感じさせる何らかの活動がある。

その他・・・課題を過不足なくこなせる能力がある。

上記の説明だけでは分かりづらいかもしれませんが、早慶に関しては、高3から何か活動をしても間に合いません。高2の最初からでしたらギリギリ間に合うかもしれませんが、基本的には数年にわたって、意志や目標をもって活動してきたことがないと難しいでしょう。また、その活動は自分が志望する学部と関連づけられなければなりません。

早慶以外でしたら、高3からでも間に合いますが、やはり4月の段階で何かを始めていなければ厳しい戦いになることが予想されます。ただ、そうは言ってもほとんどの人は、何をしたら良いか分からないはずです。今日決めて明日から・・・とはいきませんから、早い段階から考えていくことが重要です。

Kip学伸では、『これで合格!志望理由書de AO』という志望理由書を書くためのテキストを学習していきます。これは、単に志望理由書を書くためのものではなく、自己分析から始めて、興味のある大学や学問などを調べていきます。その過程で少しずつ自分の志望する学部や将来関わりたい仕事などが見えていきます。

 

 

志望理由書とは何か②

カテゴリー:AO入試2019.10.01

受験は大一番の勝負です。当然、その日が近づけば近づくほど受験生の緊張は高まります。毎年、受験生には、「受験生になると、自分のもっているいちばん弱い部分が出てくるよ。だからこそ、弱い自分に負けたいためにも志望校をしっかりともっておくことが重要だ」という話をします。

実際、夏休みが終わって二学期が始まると学校のクラスの雰囲気は随分と変わります。特に今年はセンター試験最後の年ということもあり、一般受験に恐怖をおぼえている受験生が多いようです。そうすると、指定校推薦や公募推薦、AOで受験をしようと思う子が急増します。ひょっとすると受かると思うのでしょう。

普段は平静でいられる人でも、こういうときに焦りから判断を誤る人も多いのではないでしょうか。

勉強では、勉強をしている子に勝てないと思うのに、AO入試であれば準備もしなくても自分は勝てるかもしれないと思える時点で、判断を誤っていますが、不安からかそういう現実が見えなくなるのです。AO入試は、学校の成績が良かったら、あとは数日頑張れば何とかなるというほど甘い世界ではありません。当然、入念な準備と受かるための学習が必要となります。不安からこうした現実が見えなくなるのです。

受験生に不安はつきものです。不安から逃れることはできません。

だからといって何もできないわけではありません。不安に備えることはできます。

不安に備えるというのは、不安になっても「自分の選択は正しい」と強く信じられることだと思います。自分の選択に迷いが生じ始めると、とにかく志望校を変えたり、受験方法を変えたりとどんどんと誤った方向に進んでしまいます。

自分の選択が正しいと信じられるには、それなりに時間をかける必要はあります。たとえば、高3生になる前に一度、自分のことをよく考えてみることをお薦めします。自分の将来進みたい道、大学で学びたいこと、高校時代頑張ったこと・・・こうしたことを振り返ってみると、自分がどの大学、あるいはどの学部を目指すべきか見えてくると思います。

その結果として、不安は当然残りますが、ブレることなく自分の志望大学を目指すことができ、さらに、時間をかけた推敲の練られた志望理由書が完成します。

受験は最後は自分との闘いです。自分を信じるからこそ、本気でぶつかっていけるのです。大学も、本気で取り組んでいない生徒を欲しいとは思わないでしょう。自分を信じて本気で受験に取り組めるようになるためにも、高2の生徒は今から受験の意識をもって取り組んでいきましょう。

 

 

志望理由書とは何か①

カテゴリー:AO入試2019.09.30

毎年夏休み前後には「AO入試」を指導してほしいと問い合わせをいただきます。特に志望理由書の書き方が分からないと相談されるかたは多く、年々ご相談いただく機会も増えています。

AO入試は、ますます普及していっていますがが、何をしなければいけないかを分かっているかたは多くはありません。「AO入試という制度があるからとりあえず・・・」という人が多いのが現状です。

しかし、そんな簡単に早慶やMARCHレベルの学校が受かるのであれば、そんなに楽な話はありません。もちろん、実際は一般入試と同様、難易度の高い順にAO入試も難しいのです。ただ、その難しさが伝わっていないのでしょう。

特に志望理由書にいたっては、ほとんどのかたが数回の書き直しで大丈夫だと思っているのですが、大学に送る資料としてもっとも重要なものですから、自分のベストを尽くさねばならないと認識してほしいものです。

Kip学伸では、生徒に「50回は書き直しをすることになるから」と伝えます。当初は冗談だと思う生徒もいますが、実際は50回で終わらないのが現実です。今年、立教を受験する生徒は60数回の書き直しをしました。

当然、最初の数回目に書いたものと比べると格段に良くなっているのですが、書き直すということはそれだけ時間もかかりますから、一般に向けた学習時間も削がれてしまいます。そうすると、どこまで書き直せば良いのか、どこまで時間を費やせば良いかということで葛藤が生まれます。そこに正解はないと言えるでしょう。

こうしたことから、「手軽に書いて、運よく合格できれば」と考える人が多いのだと思います。

しかし、ベストを尽くさずに「運よく受かれば良いな」と考えている人の文章は、やはりそのレベルです。自分が受かれば良いなという自分本位の文章で、大学がどのような人を求めているのか、という視点がそこにはありません。

受験に限らず、あらゆる勝負事は相手の分析なくして勝利はあり得ません。特に現在のようにだれでも簡単に情報を収集できる時代になればなおさらです。志望大学・学部をどれだけ調べ上げたのか。大学が求めている人物像は?大学の理念は?学部の先生はどういう人たちがいるのか?その著作は?

ちなみに、A大学にあてはまりB大学にもあてはまることを書いて、両方に似たような志望理由書を送るより、A大学にしか当てはまらないことを書いて、A大学にしか興味がないことを真剣に伝えられた方が当然合格率は高まります。

 

 

第一回AO入試対策講師研修会 実施

カテゴリー:AO入試2018.11.28

11月23日(金)勤労感謝の祭日に、Kipでは
塾の先生方を対象に、研修会を実施しました。

限定公募をしましたが、すぐに定員となり、先生方の
国語教育に関する情熱をひしひしと感じました。

来年度より英検にも一部AIの採点が加わることがきまりました。

母語である日本語を「正しく深く学ぶ」ことの重要性がAIの時代の到来を受けて
今ほど重要な時はありません

日本の子どもたちの未来のために
今日お集まりいただきまして先生方と切磋琢磨していきたいと
思います。


IMG_2009

AO入試合格者のインタヴューを聞いています。


IMG_1994

兵庫県から来られた先生もいらっしゃいました。




AO入試対策のKip学伸 世田谷教室

慶應義塾大学看護医療学部AO入試合格!

カテゴリー:AO入試2018.11.01

AO入試合格者第二号は慶応です!

おめでとう!!!

倍率20倍近かったので不安も大きかったと思いますが、きっちりと結果が残せました。

 

詳細は近日中に合格体験記にアップします。

 

大学受験・AO入試のKip学伸 世田谷教室

スカイプ授業でAO合格!

カテゴリー:AO入試2017.11.11

先日、スカイプ授業受講生の生徒さんがAO入試で白百合に合格しました。お母様が合格記を書いてくださったので紹介させていただきます。

いかに便利な世の中になったとはいえ、愛媛県松山市在住のかたですから情報収集という点で不利な状況は否めません。そうしたなかで合格をもらえた最大の要因は彼女の意志だったように思います。


 

 

「ママ、私S女子大のAOを受けてみたいんだけどいいかなぁ・・。」と娘に相談されたのは、高3の七月半ばでした。母親の私世代では当たり前ですが、AOや自己推薦という制度は、自分の時代にはありませんでした。その馴染みのないAO入試にチャレンジしたいという娘の言葉を聞き、私なりにいろいろ調べてみることにしました。

英語や数学を解かなくても合格でき、受かったらラッキー的な感覚に思う方も多いかもしれません。実際、私たちの住む地域では、AO入試で合格しようと試みる親子は、「考えがぬるい!非国民だ!」みたいな言われ方をします。ところが、実際蓋を開けてみると現在多くの大学では、一般入試以外の入試制度を利用しており、私は、娘が行きたい学校に何度でもチャレンジできる第一歩のつもりでこの入試にトライすることにしました。

前述の通り、非国民的な目で見られる我々にきちんとした指導をしてくれる専門の塾などは、当然私たちの住む地域にはありません。お母さんができることは、ご飯を食べさせ環境を整えることと考えていましたので、さっそくインターネットで検索をしてみました。

「AO 大学受験 スカイプ授業」 多くのヒットがありました。しかし、なぜか私自身その中で

Kip学伸のサイトに惹かれるものがあり、さっそくお問合せメールを本人に出すように促してみました。

娘は、塾嫌いで、家庭教師も経験したことがありますが、「いや!!」と拒絶心を起こすと徹底していやな性格なので、「どうか、どうか」と祈って反応を観察しておりました。

今回ばかりは、大学に合格したい⇒AO入試を受けたい⇒どうやって、どこからどのように手をつけたらいいのかわからない。そういう状況の中必死でメールを送信したようでした。

「これでいいかなぁ・・。返信くれるかなぁと・・。」と言いながらメールを送っていました。

メールをしてわずか数時間後に03で始まる番号から電話がかかってきたときは、正直びっくりしました。あれよ、あれよという間に体験授業を受けさせていただく運びとなり、これを経由してスカイプでの授業+夏休みの通塾で指導いただくことになりました。といっても、願書提出までわずか二か月ほどしか時間はありませんでした。あの時の私たち親子の気持ちは、まさに「藁をもつかむ。」そんな心境でした。

夏休みの初旬、娘は単身東京に行きました。目的は志望校のオープンキャンパスに行くことと、生の大沢先生の指導を受けることでした。このオープンキャンパス後、さらに行きたい度が増し、同時並行で考えていた大学は眼中にないものになっていました。

さて、AO入試の第一の関門は、自己推薦書と志望理由書です。限られた字数の中でいかに自分を売りこむかということです。自慢でもいけないし、卑下してもいけないのです。

その絶妙なるバランスがとても難しいようで、本人はかなり苦戦していました。そして、結果論としては、その個性が大学の求める人物像とマッチしなくてはなりません。スカイプ授業は、約30分ということですが、Kip学伸の大沢先生はいつもオーバーして真摯にみてくださっていました。スカイプと直接指導のおかげで、第一関門はなんとか整いました。

続いて、第二関門です。娘の行きたい学部では、事前課題を読んでこの感想文をだしこれに基づき、面接が行われます。これには正直かなり、苦戦していた様子でした。

読書は、八月の初めから始めたものの、読んでも読んでも一体どういうことかわからず、何度も何度も読んでいました。

すると読めば読むほど味が出るというか、読みこめば読み込むほど、いろいろな解釈ができるようになり、端から見ていて彼女の17年の人生で一番読み込んだ文庫本であったように思いますし、この課題を通して大学の先生はどういった視点で何を子供に気づかせたかったのかとお母さんである私はふと考えていました。

娘が幼稚園の頃のことです。 担任の先生に「お母さん、お子さんが独りでできるまで辛抱ですが待って差し上げてください。見守ることは難しいですが、信じて待っていてあげてください。ゴールにお母さんがいたら、安心して走れるものですよ。」と先生がおっしゃった言葉を思い出していました。冬の日に植えた球根の芽を引っ張り出すようなことはしてはだめなのです。ただし、芽が出るように肥料を与え、水は、与えなくてはなりません。Kip学伸の大沢先生の指導は、まさにその手法でした。娘が自分の力で自分の言葉で、自分自身を表現した第一関門の自己推薦書となぜ行きたいかを書く志望理由書。そして第二関門の課題感想文。AOのイロハもわからない娘が先生の指導の下変わっていく姿を私は、眺めていました。球根が膨らんでいく様子をただ眺めていました。

先生とスカイプがあるのに、できていない、できていないと焦ったり、体調を崩して思うように進まなかったりした日もありました。夏休みは、長いようで短く、学校の課題や補習授業もうんとありますし、AOの対策だけしておけばいいというわけにはいかないのが高3受験生です。そんな中ファックスやメールやラインやスカイプを駆使して、きちんと最終的には、自分のものとして成果品を提出していました。高校生らしい彼女の言葉で表した文章には、一文字一文字思いが詰まっているようで、課題図書の感想文も後で読ませてもらいましたが、この子がここまで二か月間で変わることができるとは夢にも思いませんでした。

課題提出後、ほっとしたのもつかの間。いよいよ第三の関門である面談です。

なんと大沢先生は、前日にも特別に面接練習をしてくださったのです。過去にも多くのお子さんを教えてこられた経験から、最悪のパターンも教えてくださったようでしたし、当日あがらない焦らない、自分の言葉で自分の足で進むことができるように最後まで支えてくださったようです。

試験の当日、私は正門の前までしか行けません。彼女の後姿を見送りながら、大きくなったなぁと思いました。立派な正門を眺めながら桜の季節にこの門の前で、今度は一緒にくぐることを夢見て、娘と別れました。

試験終了後、多くは語りませんでした。自分が言いたいことは全て言えたし、それが間違いでも悔いはない。落ちたらまた次頑張ると強い気持ちでまっすぐに私を見て話した娘の様子をみて、藁をもつかむ気持ちでどうしようどうしようとメールを大沢先生に送った二か月前との成長の差をわが子に感じていました。

結果は、合格です。受験生一人一人の個性に合わせ、その子が進みたい方向を導き、その子の最大限の力を引き出す指導をしてくださるKip学伸をお母さんの一人としてこれを読んでくださる方にお勧めいたします。

特に遠方で通塾が無理だとあきらめていたお母さんにもぜひおすすめしたいです。

この場をお借りして大沢先生には心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。

 

大学受験・中学受験のKip学伸  千歳船橋下車5分