スカイプ授業



プロの作家・専任講師が教える特別授業!!
国語で行き詰っている君!
カリスマ講師が添削指導!
毎年AOで一流国私立大合格!

■スカイプ授業とは

小田急線の千歳船橋(世田谷区)にあるKip学伸に通えない方のためのインターネット電話(通話料無料)を使った国語の授業となります。

■授業コース

国語基礎特訓コース(小学校高学年対象)

オリジナルテキストを使って主語・述語、接続詞、指示語、要約を学習してまいります。全コースで3カ月〜半年ほどです。

授業時間30分(¥5,000×4回/月)

読解力・記述力をつけたかったら、正しい国語の学習方法を知ることが近道です。
国語はただ演習問題を何冊解いても学力アップは望めません。
オリジナルテキストに興味のある方はこちらへ。

< よくある質問 >
テストの時、時間内に長文を読み終えることができない。
きちんとした日本語を学習させたい。
字数制限内の要約ができない。
算数ができるのに国語で足を引っ張っている。
帰国子女枠を使って進学をしたいが国語の基礎を学びたい。

国語基礎特訓コース(中学生対象)

オリジナルテキストを使って要約を中心に学習してまいります。

授業時間30分(¥5,100×4回/月)

< よくある質問 >
学校のテストレベルはできるけれど、学力テストで点がとれない。
小論文になると何をどう書いていいのか全くわからない。
中高一貫校にいっているので、大学受験までのしっかりと国語を学習させたい。

志望校国語過去問対策コース(中学受験)

志望校の国語過去問対策です。過去問を解き、授業で解説と要点を中心に学習していきます。記述問題だけがいつも出来ないといった場合は、記述に絞っての対策となります。現役のプロの作家を兼任している国語エキスパートによる徹底個人授業です。

授業時間1時間(¥8,000×4回/月)

AO入試・小論文対策コース(大学受験)

AO入試、小論文の対策コースです。志望校・志望学部別に対策を立てていきます。まずは、正しい日本語の書き方の学習からです。

授業時間30分+Faxによる添削(¥12,000×4回)/月)
※時間の長さは変更可能です。

  1. 第1章 文章は「書き言葉」で書く
  2. 第2章 くだけた表現を使わない
    • ・流行り言葉やスラングを使わない
    • ・ごまかしの表現を使わない
    • ・安易な省略語は使わない
  3. 第3章 文法の誤りに注意する
    • ・ら抜き言葉を使わない
    • ・い抜き言葉を使わない
    • ・れ足す言葉を使わない
    • ・さ入れ言葉を使わない
    • ・副詞の呼応を守る
    • ・並列助詞の法則を守る
  4. 第4章 言葉の誤りに注意する
    • ・重言を使わない
    • ・言葉のまちがい、誤用をしない
    • ・ひらがな言葉の誤りに注意する
    • ・熟語の漢数字を算用数字にしない
  5. 第5章 その他の文章ルール
    • ・ひらがなで書くべき言葉
    • ・一文の中で同じ言葉を何度も使わない
    • ・主述のねじれに気をつける
    • ・述語の欠落に気をつける
    • ・接続詞を正しく使う

志望理由書をご希望の方にも【基本編】⇒【応用編】と学習を進めていきます。

< よくある質問 >
小論が書けない!!AO入試で合格したい!!
AO入試等での小論文対策を個別でしてほしい。
進学のための小論文を書けるようにしたい。
自己PRカードが上手く書けない。

■こうした方のために!

全世界どこからでも受けられる!

「国語を鍛えて他教科を上げる」というKip学伸の教育理念のもと、どうしても教室に通塾できない人のご希望に応えてのスカイプ授業です。
対象は、海外在住生・中高大学受験生となります。
遠方の方や国語や小論だけで通塾する時間がとれない方をサポートします。

大変好評ですので、定員に達している曜日や時間帯もございますのでご希望に添えない場合もございますので予めご了承ください。

  • 海外に住んでいて、国語力低下について憂慮されているかた

    これまでに、アメリカ・オーストラリア・イギリスといった西洋英語圏のみならず、シンガポール・ロシア・ブラジル・マレーシア・ベトナム・・・と多くの帰国子女の生徒を指導してきましたがほとんどの方は国語でお悩みです。普段、日本語に触れる機会が少なくなるのですから当然です。
    帰国してから同学年の人たちをキャッチアップするのは年齢が上がるほど大変になってきます。国語の力をつけるには、普段から読解&記述を訓練していくことが最短の道ですので、そのためにオリジナルテキストを使用して授業を行ってまいります。無学年テキストですので、いつからスタートさせても問題ありません。

  • 国語の演習問題の数をこなしても、学力がつかず、とにかく何をして良いか分からないかた
  • 今、塾でやっている国語についていけていないので、基礎からしっかりと学習したいかた

    受験の勉強を始め、毎月のテストの結果を見て国語の成績にびっくり!算数はできるのに国語ができず、そのため社会や理科を一人で読んで理解することができないお子さまのために、オリジナルテキストを使って基礎からしっかりと学習してまいります。学習効果は3カ月ほどででてまいります。まずは、短文を正確に読むことから行ってまいります。

  • 志望校の国語対策をしっかりとして欲しいかた

    対象は大学受験と中学受験の国語の過去問対策を希望される方です。大手の塾や予備校に通っていると、生徒の数が多いため様々な学校の過去問をやらされると思います。受験生にとって、最後の段階で重要なのは、他の生徒が受ける学校ではなくあくまでも自分が受験する学校です。志望校の傾向と対策を含め、時間配分は記述のコツなど細かいところまで指導してまいります。これまでにスカイプ授業受講者で海城中学や栄東、市川中学に合格した人がいます。

  • AOや公募推薦で大学に行きたいかた

    東大や京大も2015年度より推薦入試を始めました。これにより国立大学の推薦入試枠が広がるのは必至です。文科省によると、あと数年で国立大学も入学者の三割が推薦になるそうです。私立大学は四割を超えています。2015年度、河合の国語の偏差値が30台の生徒が、上智大学の公募推薦に逆転合格をしました。

    志望理由書も小論も単に文章が書ければよいわけではありません。

    学校・学部・学科によってAO・公募は試験形式が異なりますが、最も重要なことはセルフプロデュースする能力だと思います。

    志望理由書、課題レポート、当日の試験、面接と何段階にも分けてありますが、それぞれをバラバラに捉えるのではなく、自分が大学で学習したいことを念頭に置いてそれぞれの課題を捉える必要があります。

    市販されている小論文のテキストをみると、小論文の書き方が様々載っておりますが、基本的には文の書き方の型を覚えさせ、それによって小論文が書けるというものが大半です。こうした作業はもちろん、初歩的なこととして重要ですが、難関大学を合格したいのであれば、それだけでは足りません。

    自分の過去・現在・未来といった点を、点のままにしておくのではなく、それらを結び、線にする作業が不可欠です。Kipの小論文の授業では、そうしたことを踏まえて進めていきます。

■スカイプ授業を希望される方!

スカイプ授業を希望される方は、お手数ですがお問い合わせフォームに現状とご要望(受験生の場合であれば、偏差値などできるだけ詳細をお伝え下さい。)、それから空いている時間帯をご記入下さいますようよろしくお願い致します。

まずはスカイプをダウンロードして下さい。

担当講師のプロフィール

山田隆道
大阪府私立清風南海中・高校(東京の御三家レベル)
早稲田大学教育学部卒業。得意科目は国語・日本史。

小説家・エッセイストとしても活動しており、これまでに多数の著書を出版。
主な著作としては「虎がにじんだ夕暮れ」「神童チェリー」「雑草女に敵なし!」「Simple Heart」「芸能界に学ぶビジネス力」など。中でも「雑草女に敵なし!」は漫画家・朝基まさしによってコミカライズもされた。
また、大のプロ野球ファンでもあり、「阪神タイガース暗黒のダメ虎史」「野球バカは実はクレバー」など、野球関連のエッセー本も刊行している。

明朗快活で誰からも好かれる人柄。
『話上手な上に、関西弁での語りが柔らかく彼独特のオーラが・・いつも一所懸命に子どもに向き合う姿に「私もこんな先生に出会っていたらなあ!!」Kip生が羨ましい』

はじめまして、山田隆道です。
僕が小学校の卒業文集で書いた将来の夢は「坂本金八のような国語教師」になることでした。その夢は中高になっても変わらず、だからこそ大学は教育学部に進学したのです。
したがって、僕が自負できる強みは子供のころから抱き続けた教育の情熱であり、
中学受験及び大学受験をクリアした経験であり、
さらに20代のころから個人で執筆業を営んできたことから得た独自の文章術及び哲学です。
Kipではそれらすべてを融合して、生徒とともに成長していきたいと思っています。
本来、「文章を書く」という行為は楽しい遊びであるはずです。
自分の書いた文章で人を笑わせたり、感動させたり、考えさせたり、
そういったエンタテイメントに富んだものであるということを生徒たちに伝えていきたいと考えております。
今後ともよろしくお願いします。

山本奨

東京大学理科T類、理学部数学科進学も途中で文学部哲学科に転部、卒業。
彼の専門分野である「数学の哲学」「分析形而上学」研究のメッカである慶應大学院でも学ぶ。
得意科目は数学・語学。数学を哲学することに興味がある。
趣味は音楽。ギターが得意。ロックグループでCDデヴューをはたす。
祖母の影響で茶道も嗜む、武者小路千家。ポジティヴ思考。好奇心が旺盛で深く思考するタイプ。「常に自然体で、すべてのジャンルに話が通じるのでおもしろい人だよ」
現在、ブログで「東大への道」を連載中!

私は数学から哲学に専攻を変えるという普通であれば少し奇妙な道を辿りました。
数学と哲学は言わば理系と文系の両極端にあるような学問と思われるかもしれません。
ところが実際にはこの二つは、「言葉」や「論理」といった私たちの知性の最も根本的なところで結びついています。
結局、今私は数学で使われる言葉やその意味、そして数学そのものがなぜ成り立ちうるのかということを哲学の立場から研究していますが、そこでも重要になるのは「言葉」とは何かということ、そして「論理」的に議論を展開することです(論理そのものの研究も重要です)。
この二つは、他のあらゆることを学ぶときでも、またはもっと日常的な場でも、非常に重要であり便利なものです。
Kipの授業は、言葉や論理を大切にするものが多く、自分自身の研究の視点からもとても有意義で、子供たちにその力がついていき「言葉」や「論理」を使いこなせるようになっていく様子をみるのはとてもやりがいがあります。

個人的には、音楽を作ったりもしており、詞を書くこともありますがその中でもこういった言葉や論理の大切さは身にしみて感じます。日本人が和歌を詠んでいた昔から、素晴らしい言葉や文は音も綺麗ですし、そしてまたそれらは今の私たちが理解できるようなある種の論理性をもったものでもあります。

これらを使いこなせるようになったときに、自分で詞をつくったり、はたまた文を書いてみたり、色々と楽しい世界が見えてきます。後は、たとえば茶道の世界でも、あれは非常に形式的で堅苦しい作法ばかりだというように見えますが、実際にはどの動きも非常に合理的・論理的であって、数学的にもそれは証明することが出来ます。そしてそこに哲学を見出しているからこそ日本人の心として、長い間受け継がれているのでしょう。

したがって、どの世界にいても、そういった言葉や論理は大切にすべきであるし、少なくとも自分のまわりでは大切にしておきたいなと思っています。自己紹介ではなく、自分の日々考えていることの紹介になってしまいましたが、自分の思考と自分の言葉は自分自身であると思うことにして「自己紹介に代えて」。


お問い合わせ・無料受験相談

 

世田谷区の個別指導塾・進学塾 Kip学伸
〒156-0054 東京都世田谷区桜丘5-49-3  小田急線「千歳船橋駅」より徒歩3分
経堂祖師ヶ谷大蔵などのエリアから通塾している生徒さんも、沢山いらっしゃいます。
TEL:0120-83-7775 又は 03- 3426-7573(兼FAX)