Kip学伸のブログ



早稲田大学社会科学部合格! 「対話を重ねて目標を明瞭化」

カテゴリー:AO入試2017.12.29

私は高校2年生の夏、先輩に誘われて行った早稲田大学のオープンキャンパスでこの大学に入りたいと思い、高校3年生の春、kipに入塾しました。当時は、自己推薦に必要な知識がほとんどない状態で、何から手をつけて良いのかもよくわかりませんでした。けれども、大沢先生が参考図書を薦めて下さったり、具体例を挙げながら社会の問題をわかりやすく説明して下さったりしていただいたおかげで、自分がなにをすべきかが明確になったのを覚えています。2次試験の小論文は、大沢先生の予想問題とほとんど同じ出題だったので、余裕をもって書くことができました。通塾中、自分の強みを自分で理解できるよう、1対1で会話を重ねて下さったのも、小論文、面接に大いに役立ちました。どうしても通塾できない時は小論文を郵送で添削して頂き、本当に感謝しています。ありがとうございました。

 

中学・大学受験・個別指導のkip学伸  世田谷教室

小6 受験生は不安でいっぱい!

カテゴリー:ブログ2017.12.27

先日小6生の懇談会を行いました。

少し疲れている感じがしたからです。

 

「合格の自信はある?」

 

「ムリ、無理・・・」

 

「ムリだと思って勉強をしているの?」

 

「だんだん不安になってきて、自信がなくなってきてる感じかも」

 

12歳の受験は、大学受験や高校受験と比べると、とても精神的負担が大きいと感じます。

『「こんな成績で合格できると思っているの?」

なんて ママ!怒鳴っているのかな?』

 

こどもたちは、ニヤニヤしています。

 

「みんなが不安なように、ママやパパも不安なんだよ。

だから、つい悪いと思っていても、こどもにあったったりすることもあるのです。

どこのお家もおんなじ。特別なわけじゃないの。だから気にしないで。毎年同じ!!」

 

みんな笑って聞いています。

 

先輩の合格体験記を一つ読み上げました。

泣き泣き、合格した子の体験記です。同い年の体験記がこれから受験する彼らには

一番説得力があります。

 

 

最後に、「メンタルブロック」について確認をしました。

 

「メンタルってどこにあるの??見える?」

 

いろいろ質疑応答を繰り返しながら、子供たちの本音を引き出します。

ダメかも、不安! やばい!マイナスの言葉がたくさん出てきます。

 

「そういうこと誰が言ったの?」

 

「塾長が無理って言った?」

 

みんな首を横に振っています。

 

 

 

不安やダメは、自分が言っているのです。

自分の心にあるのです。

 

だから、自分でこころを閉ざさないで、最後まであきらめずにチャレンジする!!

自分がダメだと思い、自らがメンタルブロックを作ってしまうのです。

 

 

「自分をダメと決めつけずに、目の前の壁に正々堂々とぶつかて下さい。そうすれば必ず

栄光がつかめます」先輩受験生のK.S君からのエールは頼もしく力強いです!!

 

 

さあ! 弱い自分を乗り越え、不安を打ち破ってがんばろうね!!

 

M

個別進学指導塾 小田急線 千歳船橋下車 5分 kip学伸

慶應義塾ニューヨーク学院 合格!

カテゴリー:高校受験2017.12.16

彼は、帰国子女枠で中学受験をして、日本の進学校で学習をしていました。

明るく伸び伸びとしていて、素直な性格の中学生です。

来年9月の入学式までは、世田谷の公立中学で学習する予定です。

 

英語は得意なので、塾では国語と数学をしっかりと学習していきたいと思います。

特に数学は先取り学習に力を注いでいきます。

詳細は合格体験記に掲載予定です。

 

2017年度一般入試

入試科目

国語 /数学/ 英語 ・エッセイ

 

Topic:

Good parents are more important to students than good teachers.

 

上智大学総合グローバル学部合格体験記!/「点が線になったとき」

カテゴリー:AO入試2017.12.15

「点を沢山集めれば、いつか自分の納得いくような線になる。」

これは、自分のおこなっていることが正しいか分からなくなってしまったときに、大沢先生が私にかけてくださった言葉でした。この言葉を信じて三年間。私は上智大学に合格することができました。

他大学を訪れても今一つ行きたい大学が見つからなかった私でしたが、高校二年生のオープンキャンパスでたまたま上智大学の総合グローバル学部の説明会に参加し、初めて「ここで勉強したい」と強く感じたことが、上智大学を第一志望にしたきっかけです。文章を書くことが好きであったということと、少しでも総合グローバル学部への可能性を増やしたいということにより、公募推薦で受験することを決めました。

 

公募推薦では、自己推薦書と課題論文を事前に提出し、小論文と面接を当日に受けました。それに加えて、評定と英語資格の条件もあります。私の場合、事前の課題論文では日本にいる外国人労働者の人権問題について取り上げました。5月から約半年間かけて、途中テーマを変更したり、文章を一から何度も書き直したり、提出までの過程は決して甘いものではありませんでした。一方、自己推薦書も同様で、部活動、特技やボランティア活動など自分のすべてを読み手の教授に知って頂けるように、納得いくまで繰り返し書き直しました。

 

もちろんこれと同時に、万が一の場合を考えて、一般受験の勉強も並行させていかなくてはなりませんでした。公募推薦と一般受験どちらかに時間を費やしすぎてしまうと、もう片方のことが気がかりになってしまいます。私は、その両立に何度も悩まされました。

 

迎えた試験当日は、小論文は悔いなく書き上げることができ、面接は楽しく終えることができました。それは、高校一年生のときからKipで地道に続けてきた小論文の練習と、Kipや学校の先生方と何度も繰り返した面接の練習の成果にあると思っています。

 

試験を終えて私が実感することは二つありました。

一つは行動をおこすことの大切さです。私は国際協力に興味があったため、ベトナムのボランティアに参加しました。そこでは、枯葉剤の影響を受けた子供たちと交流したり、ドクさんのお話を聞いたりしました。また、JICAのボランティアは現在でも続けており、世界の問題を広い視点から考えることを学んでいます。そのほかにも、ベトナムフェスティバルに訪れてベトナム人の友達を作ったり、国際協力の舞台で活躍している方々に実際にお話を聞いたりしました。

本や新聞を通して、知識を蓄えることももちろんおこなってきましたが、それ以上に私は実際に行動を起こしたからこそ得られる新しい出会いや発見があると考えます。それが、冒頭に述べた大沢先生の言葉の中の「点」にあたると私は思っています。「点」が沢山集まったことで一つの「線」が完成しました。公募推薦を受験するということは自分と向き合い、自分のビジョンを描くことでもあります。それが公募推薦の最大の魅力だと私は思います。

 

もう一つ実感したこととしては大沢先生のご指導があってこその合格であるということです。私が小論文に行き詰った時は、大沢先生はあえて答えはおっしゃらずに、ヒントを下さり、私に考えさせることを大切にしてくださりました。それにより、自分の考えをうまくまとめる力がつきました。また、AOや公募推薦を何個も掛け持ちする受験生も多い中で、大沢先生の方針は第一志望一本に絞るというものでした。今振り返ると一本に絞ったからこそ、私は上智大学への思いを全力でぶつけることができたのだと思います。やはり、大沢先生の方針は正しかったです。夜遅くまで丁寧なご指導をしてくださった大沢先生には感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

 

最後になりますが、私は将来、東南アジアと日本のより深い関係に貢献できる人になりたいと思っています。そのために、ここで満足せず、むしろここから新たなスタートをきり、Kipでの3年間の学びをいかし大学で勉強していきます。

 

 

中学・大学受験・個別指導のkip学伸  世田谷教室

早稲田大学社会科学部合格!

カテゴリー:AO入試2017.12.15

さきほど、早稲田大学社会科学部自己推薦合格の報告をさきほどいただきました!

おめでとうございます!

この一週間は、上智大学、慶応NY,早稲田と嬉しい合格報告が続いて嬉しい限りです。

後日、合格体験記をアップします。

 

中学・大学受験・個別指導のkip学伸  世田谷教室

上智大学総合グローバル学部 合格!!

カテゴリー:AO入試2017.12.14

彼女が上智大を志望校に選んできっかけは、「国際協力について学びたい。ベトナムと日本の関係をより深いものにしたい」と強く思っていたからです。

彼女が世界に対する興味に芽生えたのは、小学校5年間をドバイで過ごしたことにあるようです。人口の8割が外国人であることから多国籍の人々が集まり、宗教も文化も様々でした。

「学校にはスーダンやアフガニスタンなど母国が内乱や紛争に巻き込まれ、戻りたくでも戻れないクラスメートがいました。私には帰れる平和な母国があるけれど、かれらにはない。それは衝撃的なことでした。同時に小学生の私が世界の人々の役にたちたいと思った瞬間でもありました」エントリーシートから抜粋
高校時代には、ボランティア活動に従事するためにベトナムにも出かけました。
現在、合格体験記を書いてもらっています。

・なぜ外国人労働者に興味をもったのか?
・ベトナムで従事したボランティア活動とは具体的にはなにか?
・行ったことで国際協力のヒントは得られたのか?

詳細は合格体験記でお読みください。

私がNYに在学中、湾岸戦争がはじまりました。イスラエルからの女子留学生が
国を守らなければと言って、帰国したことに大きなショックを覚えたことを思い出しました。女性でも兵役があり、平和ボケしていた自分を戒めた事件でもありました。
小学生だったFちゃんの衝撃は自分のことのように分かります。

34-1

 

中学・大学受験・個別指導のkip学伸  世田谷教室

早稲田大学 社学部 自己推薦 予想問題的中!

カテゴリー:AO入試2017.11.21

2018年度の早稲田大学・社会科学部の自己推薦小論文ですが、「日本を観光大国にするにはなにを改善すべきか」といったことが問題だったようですが、塾では下記のような予想問題をつくっていました。

「ここ数年、日本へのインバウンドで外国人観光客が急増しました。「日本のサービスは世界一」と言われる一方で、まだまだ行き届いていない点が多数あります。具体的にはどういう点が日本のサービスに足りないと思いますか。あなたの考えを800字以内で述べてください。」

かなり近いのではないでしょうか。およそ10の予想問題を作ったのでテーマはどれかがあたるだろうとは思っていました。

 

その他以下のような問題もつくっていました。

 

 

日本でシルバーデモクラシーという現象が発生し、その是正の一環として選挙権年齢を18歳に引き下げました。その他の是正案を具体的に考えて、800字以内で述べてください。複数でも構いません。

 

もしあなたがスマートフォンのアプリの開発に携わるとすればどのようなアプリを開発しますか。800字以内で述べてください。

 

五十年後の日本はどのような社会になっていると思いますか。あなたの考えを800字以内で述べてください。

 

 

中学・大学受験・個別指導のkip学伸  世田谷教室

上智大生のKさん後輩受験生を激励に!!

カテゴリー:大学受験2017.11.13

現役上智大生のKさんが、今年同じ上智大を受験する受験生のために
激励に駆けつけてくれました。
2時間にもわたって熱心に話してくれまし。
バイトの帰りに教室に駆けつけてくれて本当にありがとう!!

面接での注意点、キャンパスライフ等々、現役生からのアドヴァイスは
高校生にとっては大変説得力のあるものです。

Kさんも昨年、やはり現役生の先輩のアドバイスを受けて合格をしました。

先輩から後輩へのアドヴァイスを毎年続けていけるように、今年も受験生全員が第一志望校に合格してほしいものです。

今期はすでに、AO・推薦で5名の高校生が合格しています。
そのうち2名が上智大学に合格しています。
大学・学部によっても受験日が様々ですが、

受験生! 自分に打ち勝って頑張ろうね!!!

女子大生の先輩から後輩の受験生へアドバイス!!

中学・大学受験・個別指導のkip学伸  世田谷教室

スカイプ授業でAO合格!

カテゴリー:AO入試2017.11.11

先日、スカイプ授業受講生の生徒さんがAO入試で白百合に合格しました。お母様が合格記を書いてくださったので紹介させていただきます。

いかに便利な世の中になったとはいえ、愛媛県松山市在住のかたですから情報収集という点で不利な状況は否めません。そうしたなかで合格をもらえた最大の要因は彼女の意志だったように思います。


 

 

「ママ、私S女子大のAOを受けてみたいんだけどいいかなぁ・・。」と娘に相談されたのは、高3の七月半ばでした。母親の私世代では当たり前ですが、AOや自己推薦という制度は、自分の時代にはありませんでした。その馴染みのないAO入試にチャレンジしたいという娘の言葉を聞き、私なりにいろいろ調べてみることにしました。

英語や数学を解かなくても合格でき、受かったらラッキー的な感覚に思う方も多いかもしれません。実際、私たちの住む地域では、AO入試で合格しようと試みる親子は、「考えがぬるい!非国民だ!」みたいな言われ方をします。ところが、実際蓋を開けてみると現在多くの大学では、一般入試以外の入試制度を利用しており、私は、娘が行きたい学校に何度でもチャレンジできる第一歩のつもりでこの入試にトライすることにしました。

前述の通り、非国民的な目で見られる我々にきちんとした指導をしてくれる専門の塾などは、当然私たちの住む地域にはありません。お母さんができることは、ご飯を食べさせ環境を整えることと考えていましたので、さっそくインターネットで検索をしてみました。

「AO 大学受験 スカイプ授業」 多くのヒットがありました。しかし、なぜか私自身その中で

Kip学伸のサイトに惹かれるものがあり、さっそくお問合せメールを本人に出すように促してみました。

娘は、塾嫌いで、家庭教師も経験したことがありますが、「いや!!」と拒絶心を起こすと徹底していやな性格なので、「どうか、どうか」と祈って反応を観察しておりました。

今回ばかりは、大学に合格したい⇒AO入試を受けたい⇒どうやって、どこからどのように手をつけたらいいのかわからない。そういう状況の中必死でメールを送信したようでした。

「これでいいかなぁ・・。返信くれるかなぁと・・。」と言いながらメールを送っていました。

メールをしてわずか数時間後に03で始まる番号から電話がかかってきたときは、正直びっくりしました。あれよ、あれよという間に体験授業を受けさせていただく運びとなり、これを経由してスカイプでの授業+夏休みの通塾で指導いただくことになりました。といっても、願書提出までわずか二か月ほどしか時間はありませんでした。あの時の私たち親子の気持ちは、まさに「藁をもつかむ。」そんな心境でした。

夏休みの初旬、娘は単身東京に行きました。目的は志望校のオープンキャンパスに行くことと、生の大沢先生の指導を受けることでした。このオープンキャンパス後、さらに行きたい度が増し、同時並行で考えていた大学は眼中にないものになっていました。

さて、AO入試の第一の関門は、自己推薦書と志望理由書です。限られた字数の中でいかに自分を売りこむかということです。自慢でもいけないし、卑下してもいけないのです。

その絶妙なるバランスがとても難しいようで、本人はかなり苦戦していました。そして、結果論としては、その個性が大学の求める人物像とマッチしなくてはなりません。スカイプ授業は、約30分ということですが、Kip学伸の大沢先生はいつもオーバーして真摯にみてくださっていました。スカイプと直接指導のおかげで、第一関門はなんとか整いました。

続いて、第二関門です。娘の行きたい学部では、事前課題を読んでこの感想文をだしこれに基づき、面接が行われます。これには正直かなり、苦戦していた様子でした。

読書は、八月の初めから始めたものの、読んでも読んでも一体どういうことかわからず、何度も何度も読んでいました。

すると読めば読むほど味が出るというか、読みこめば読み込むほど、いろいろな解釈ができるようになり、端から見ていて彼女の17年の人生で一番読み込んだ文庫本であったように思いますし、この課題を通して大学の先生はどういった視点で何を子供に気づかせたかったのかとお母さんである私はふと考えていました。

娘が幼稚園の頃のことです。 担任の先生に「お母さん、お子さんが独りでできるまで辛抱ですが待って差し上げてください。見守ることは難しいですが、信じて待っていてあげてください。ゴールにお母さんがいたら、安心して走れるものですよ。」と先生がおっしゃった言葉を思い出していました。冬の日に植えた球根の芽を引っ張り出すようなことはしてはだめなのです。ただし、芽が出るように肥料を与え、水は、与えなくてはなりません。Kip学伸の大沢先生の指導は、まさにその手法でした。娘が自分の力で自分の言葉で、自分自身を表現した第一関門の自己推薦書となぜ行きたいかを書く志望理由書。そして第二関門の課題感想文。AOのイロハもわからない娘が先生の指導の下変わっていく姿を私は、眺めていました。球根が膨らんでいく様子をただ眺めていました。

先生とスカイプがあるのに、できていない、できていないと焦ったり、体調を崩して思うように進まなかったりした日もありました。夏休みは、長いようで短く、学校の課題や補習授業もうんとありますし、AOの対策だけしておけばいいというわけにはいかないのが高3受験生です。そんな中ファックスやメールやラインやスカイプを駆使して、きちんと最終的には、自分のものとして成果品を提出していました。高校生らしい彼女の言葉で表した文章には、一文字一文字思いが詰まっているようで、課題図書の感想文も後で読ませてもらいましたが、この子がここまで二か月間で変わることができるとは夢にも思いませんでした。

課題提出後、ほっとしたのもつかの間。いよいよ第三の関門である面談です。

なんと大沢先生は、前日にも特別に面接練習をしてくださったのです。過去にも多くのお子さんを教えてこられた経験から、最悪のパターンも教えてくださったようでしたし、当日あがらない焦らない、自分の言葉で自分の足で進むことができるように最後まで支えてくださったようです。

試験の当日、私は正門の前までしか行けません。彼女の後姿を見送りながら、大きくなったなぁと思いました。立派な正門を眺めながら桜の季節にこの門の前で、今度は一緒にくぐることを夢見て、娘と別れました。

試験終了後、多くは語りませんでした。自分が言いたいことは全て言えたし、それが間違いでも悔いはない。落ちたらまた次頑張ると強い気持ちでまっすぐに私を見て話した娘の様子をみて、藁をもつかむ気持ちでどうしようどうしようとメールを大沢先生に送った二か月前との成長の差をわが子に感じていました。

結果は、合格です。受験生一人一人の個性に合わせ、その子が進みたい方向を導き、その子の最大限の力を引き出す指導をしてくださるKip学伸をお母さんの一人としてこれを読んでくださる方にお勧めいたします。

特に遠方で通塾が無理だとあきらめていたお母さんにもぜひおすすめしたいです。

この場をお借りして大沢先生には心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。

 

大学受験・中学受験のKip学伸  千歳船橋下車5分

就活対策で希望の企業へ

カテゴリー:就活対策2017.11.10

Kipでは小論に力をいれていますので、大学生になり、就活シーズンになると
エントリーシートの書き方等々で、通塾する大学生が増えています。
このコースは公募をしていませんので、卒熟生からのリクエストに応えているものです。

この数年、就職率が高くなっていますが、大学受験と違って学力があれば内定がとれるというものでもありません。
就職はその時々の社会情勢に影響をされるものですから、学生本人の意志や努力に関係なく彼らの人生を大きく左右してしまうものです。
バブル・氷河期 どんな時代でも逞しく就活ができるように、バックアップしています。

1 2

中学・大学受験・個別指導のkip学伸  世田谷教室

 

世田谷区の個別指導塾・進学塾・学習塾 Kip学伸
〒156-0054 東京都世田谷区桜丘5-49-3  小田急線「千歳船橋駅」より徒歩3分
経堂祖師ヶ谷大蔵などのエリアから通塾している生徒さんも、沢山いらっしゃいます。
TEL:0120-83-7775 又は 03- 3426-7573(兼FAX)